ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:旧校舎六層~実技テスト








■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)







 ようやく六章へと到達しました。
 この章も相変わらず遅延が面白いほどに通用しますが、一部ボスには遅延戦法がそこまで有用ではない為、多少は歯ごたえのある戦闘が楽しめそうです(慢心
 今回、早速その遅延に頼れない相手との戦闘……の前に、新たに手に入るマスタークオーツを紹介しておきます。





メガリス Lv4

HP :1200  EP:120
STR:20   DEF:50
ATS:20   ADF:50
SPD:4

【所持アーツ】:アースランス
          グランドプレス
          アースグロウ
          ラ・クレスト


【アビリティ】:★経験値アップ
          経験値入手量1.25倍
         ★フィールドでHP・EP・CPが回復・上昇
          効果・小


 6章以降の技術部で購入可能となる地属性マスタークオーツ。
 戦闘用というよりも、主にフィールドで有用なアビリティを持っています。HP・EPはともかく、CP回復は手段が限られてるので大変有り難いです。
 効果・小となっていますが、グングン回復するので不便はありません。雑魚と戦って逃げてを繰り返すCP補充が辛いときにはこれで。
 反面、戦闘用として扱うには全体的にパッとしません。というよりここに来てSPD+4は正直使いづらいレベル





ジャグラー Lv3

HP :300   EP:30
STR:35   DEF:25
ATS:35   ADF:25
SPD:3

【所持アーツ】:クレセントミラー
          ルミナスレイ
          シルバーソーン


【アビリティ】:★通常攻撃・クラフトで「状態異常」
          発生確率30%(効果はランダム)


 旧校舎六層の道中、宝箱で手に入れられる幻属性マスタークオーツです。
 メガリスはLv4で入手できるのにこちらは何故かLv3何故だ!!
 このクオーツの特色はなんといってもそのアビリティ。確率は30%ですが、全ての状態異常をランダムで発生させられる優れものです。
 ……なのですが、このアビリティ、そこまで使い勝手の良いものではありません。通常攻撃・クラフト一発あたりに乗る状態異常はあくまで一個限定であって、複数の異常を同時発生させるものではないからです。ということは、耐性のある異常を引いたら当然レジストされるので、どの道運に左右されてしまうことになるのです。
 おまけに、ステータス補正も貧弱アンド貧弱の脆弱っぷり。面白いクオーツではありますが、正直活躍させるのは難しそうです。
 唯一、育成する利点があるとすれば、Lv4で『アダマスシールド』を習得することでしょうか






やる気満々ゼリカ先輩


 旧校舎探索の前に必須クエストを消化。アンゼリカとの一騎打ちです。
 この時点でのリィンのレベルは38。まあ遅延を当てればどうにかなるでしょう……などと高をくくっていたのですが、リィン単騎では満足にSPDバフやメルティライズを維持できず、またアンゼリカの遅延耐性が20と孤影斬が通りにくく、遅延戦法は安定しないことが判明しました
 おまけに、リィンの最大HPは5451。アンゼリカのSクラフトが放たれた瞬間、一発KO確定です。(もちろん、クオーツやアクセサリでもっと強化することもできますが、そうすると今度はSPD負けしてしまいます
 遅延には頼れない。かといって真っ向勝負しようとしてもSクラでお陀仏。さてどうしたものか……と考えに考え抜いた結果、一つの解に辿り着きました!
 まあ、考えたのは私ではなく、他の縛りプレイ動画主さんからの参考になるのですが。



 こちらの動画後半で使われた戦法を真似させて貰いました。一応私の方でも解説しますが、明確な流れを知りたい方はこちらの縛りプレイ動画をどうかご覧あれ。
 そんなわけで、まずはリィンの装備構成を。


vsアンゼリカ リィン装備(武器防具アクセサリー)
vsアンゼリカ リィン装備(オーブメント)


リィン Lv38

MQ:イージス……最初の一撃を防ぐアースグロウを習得
 時:行動力3……SPD底上げ
 火:メルティライズR……HP微量アップ
 時:韋駄天珠……SPD爆上げ。クロノドライブ&クロノバースト習得


武器:時雨……SPD+5が魅力的。この一戦のためだけにUマテを使用する価値あり
防具:月のローブ……DEF値が一番高い装備を選出
  靴:金糸の靴……SPD+5で速度強化
アクセサリ:闘魂ベルト……今回の戦法に必須のアクセサリ
       エヴァーグリーン……気絶対策に加え、SPD+5。回避率も上がるが、特に問題なし





■六十七戦目:アンゼリカ HP27968

《要注意TB》:トリプルカウンター
         アイテムラヴァー
         リベンジャー
         オーバーキル


《使用技》  :通常攻撃(射程1 回避カウンター確定
         レイザーバレット(直線攻撃 遅延付与)
         ゼロ・インパクト(射程1 吹き飛ばし攻撃 高確率で気絶付与 回避カウンター確定
         ドラゴンブースト(自己強化 STR・DEF+50%
         ドラグナーハザード(Sクラフト 推定6500~↑ダメージ確定)



vsアンゼリカ

 さてさて、上述した通り、遅延戦法には頼れません。かといって、ドラグナーハザードを発動されると一撃で死んでしまいます
 ならアダマスシールドで良いじゃない、と思った方。イージスはまだLv3のままなのでアダマスシールドを習得していません
 一応、料理のアダマスステーキはこの時点で解禁されてますが、アンゼリカのSクラ発動タイミングを読み切らねばならない上、アイテムラヴァーでアイテムの使用回数を制限されてるので難しいです。
 だったら回避戦法で良いでしょ、と思った方。通常攻撃やゼロ・インパクトを回避するとカウンター確定なので、トリプルカウンターボーナスが発生してしまいます。そもそもSクラは回避じゃ防げないのでやっぱり意味が無いです。
 じゃあ、どうするのか……?


vsアンゼリカ 逃走戦法始動


 逃げるんだよおおおおおおおおおお!!!!!

 そんなわけで、ひたすら移動コマンド選択で逃げます。逃げて逃げて逃げまくります。
 アンゼリカのMOVではリィンに追いつけないらしく、ひたすら鬼ごっこすることが可能です。
 敵にもCPの概念はあるのか、遠距離攻撃のレイザーバレットを連射してくることはありません。CPが空っぽになれば、てくてくとリィンを追いかけてきます
 CPの概念があるということは、 『殴らせない』 『殴らない』 『クラフトを使用させる』 の3つを徹底していれば、アンゼリカのCPは増えることもなくドラグナーハザードの発動を防ぐことができる筈……!
 流石に、殴りに行かなければ勝つことはできませんが、殴る回数を最小限に抑えればドラグナーハザードを使われる心配も無いでしょう。
 移動し続けていれば、上の画像のようにリィンが2ターン連続で行動できる状況が巡ってくるので、そのタイミングに合わせて移動で逃げながらSクラを発動。こうすれば、アンゼリカからの攻撃は一発(よほど運が悪い場合は二発)で済み、生き残ることができます。
 受けたダメージはアイテムを使用するか、ディレイのタイミングを見計らってアースグロウを唱え、HPヒールで回復します。
 そしてSクラに使うCPはアクセサリの闘魂ベルトの効果で補給。その間もリィンは逃げ続け、CPが溜まるまで逃走劇を続けます
 安全に攻撃するなら、クロノバーストを使用してからのSクラも有りです。EPに余裕があれば積極的に使っていきます。
 そして……。

vsアンゼリカ 移動前画像
vsアンゼリカ トドメ前画像
vsアンゼリカ トドメ

vsアンゼリカ リザルト

 撃破! やりました!
 最後の一手、恐らく大丈夫だとは思ったのですが、リベンジャーを取得する危険性を考慮しアースグロウを唱えてからHPヒールを付与→SクラでHP回復の流れを取りました。

なんとか勝てた……

 本当その通りだよ!
 正直、遅延戦法も安定しない、ドラグナーハザードで一発KOって時点で半ば諦めかけてましたが、先の閃2縛りプレイ動画を視聴していたのが功を奏しました。改めて感謝です







■六十八戦目:スターラムダ×4 ゴーストソウル×4
■六十九戦目:同上


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         トリプルキャンセル
         オーバーキル
         ダブルリンク


vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その1 敵構成

vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その1 トドメ前
vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その1 トドメ

vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その1 リザルト



vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その2 敵構成

vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その2 トドメ前
vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その2 トドメ

vs旧校舎六層宝箱魔獣戦その2 リザルト

レイヴンレベルアップ!
イージスレベルアップ!


 ジャグラー、金剛盾の入った宝箱魔獣戦。敵の構成は全く同じです。
 2つ目の宝箱魔獣戦後、レイヴンとイージスのレベルが上昇。ステータス補正が強化され、イージスは『アダマスシールド』習得で戦術に幅が広がりました







■七十戦目:エルヴァヴリア HP48077

《要注意TB》:オーバーキル
         ダブルリンク


vsエルヴァヴリア 敵構成

vsエルヴァヴリア 一体目撃破
vsエルヴァヴリア 二体目撃破前
vsエルヴァヴリア 二体目撃破

vsエルヴァヴリア リザルト
サイファーレベルアップ!

 旧校舎六層の最奥で待ち構えるボス。しかしながら、遅延耐性は50孤影斬の前でその耐性はもはや敗北宣言してるようなものですよ!
 戦闘の流れは画像で察してもらうとして、この戦闘でサイファーのレベルも上昇。なんだかんだ、レベル4に到達すること自体は割と簡単なようで、これならもっと他のマスタークオーツだって育成できるかも……?
 サイファーはメインウェポンなので使い続けますけどね!







■七十一戦目:サラ教官 HP38369

《要注意TB》:オーバーキル
         ダブルリンク


vsサラ教官 AP取得条件


 最後の実技テストです。今回の相手はサラ教官。リィン+2名で挑むことになります。
 私が選んだのはフィー&マキアスの二人です。フィーにはリミットサイクロンを早く覚えてもらいたくて、同じくマキアスもバーストドライブ習得の為に経験値を入れておこう、ってな魂胆で選出。
 ただ、このメンバーだと遅延戦法が安定しません。遅延に必要なSPDバフはフィーが担当するとして、メルティライズ役が居ないのです。フォースLv2があればマキアスが担当できましたが……。
 おまけに、今回の追加AP条件が地味に厄介です。遅延戦法は結構まどろっこしい戦術なので、下手すれば40ターン以内に撃破の条件を達成できない可能性があります。ただまあ、この条件は割と気にしなくても良いでしょう。意外と40ターンは長いので
 問題はもう一つの条件、誰もピンチにならずに戦闘に勝利です。リィンやフィー、HPを強化していないマキアスが一度でもサラ教官の攻撃を被弾してしまった瞬間、この条件は達成不可となってしまいます
 かといって、遅延戦法でハメ続けるにしても、ノーダメージボーナスをクリアする為には一度サラ教官の攻撃を受ける必要があるわけでして。
 少し考えた結果、以下のような装備・陣形で挑むことにしました。



vsサラ教官 リィン装備
vsサラ教官 フィー装備
vsサラ教官 マキアス装備

vsサラ教官 リィンオーブメント構成
vsサラ教官 フィーオーブメント構成
vsサラ教官 マキアスオーブメント構成

vsサラ教官 陣形




リィン Lv41 役割:クロバ&激励係&Sクラ要員

MQ:イージス……マキアスと共に囮を務めリィンは物理防御効果で攻撃を凌ぐ
 時:韋駄天珠……クロノバーストを習得
 火:攻撃3……STR底上げ
 時:悪夢の刃……STR微量アップ。悪夢効果を期待



フィー Lv51 役割:Sクラ要員

MQ:サイファー……能力低下に期待
 風:睡眠の刃……睡眠効果に期待
 風:破却の牙……STR微量アップ
 時:羅刹牙……STR底上げ



マキアス Lv51 役割:被弾役&Sクラ要員

MQ:レイヴン……特に意味無し。アタッカー用クオーツなら他でも可
 幻:混沌……STR微量アップ
 地:豊穣……HP微量アップ
 地:アースグロウR……HP微量アップ
アクセサリ:獅子心良友章……HP底上げ
        ディープオーカー……DEF強化



▼陣形について

 リィンとマキアスを並ばせることによってサラ教官の攻撃を誘います
 リィンはイージスの効果でノーダメージで済みHPを強化したマキアスならピンチ状態になることもなく受け切れます
 この陣形ならば激励の範囲にフィーも入っているので、安心してSTRを強化できます。




 とまあ、お察しの通り、私が取った戦術はズバリ速攻Sクラ3連撃戦法です。
 流れを簡単にまとめますと、

①:リィンはクロノバーストを詠唱。激励×2で味方を強化
②:サラ教官の攻撃をマキアスに耐えてもらう(ノーダメージ条件クリア
③:Sクラ→Sクラ→Sクラで畳み掛ければ――


vsサラ教官 フィーちゃんSクラ

vsサラ教官 トドメ前
vsサラ教官 トドメ

vsサラ教官 リザルト

 流れるように撃破! 遅延戦法よりはこちらの方が追加APを取得しやすいと思います。






六章実技テスト 追加AP取得
六章実習前APランク


 遅延の通じにくいボスが早速現れて少々冷や汗を掻きましたが、装備が充実してる分、どうにかなるものですね。
 ちなみにアンゼリカのレベルは56。レベル差18でもやり合えることを、リィン君は証明してくれました
 では、今回はここまで。次回からルーレ実習編です。






関連記事
スポンサーサイト

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:ガレリア要塞編






■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)






 舞台は移り、ガレリア要塞へ。なんだか帝国解放戦線が襲撃してきたんで、とりあえず彼らをしばき倒しに向かいます。
 今回は、7人目の味方キャラクターとしてサラ教官が加わります。
 何と言っても、彼女の強みは遅延クラフトの『電光石火』。射程無限で地点指定中円範囲の遅延クラフトという破格の性能です。若干CP消費が重いですが。
 サラ教官の属性スロットは』『』『と、妨害クオーツこそ装備できませんが、ガレリア要塞に出現する敵はスカーレットを除いて遅延耐性がありません。安心して遅延を狙いに行けます。
 強力な範囲遅延技持ちの加入。これはもう苦戦する余地もありません。せいぜいダブルキルとオーバーキルに気を付けるくらいでしょうか。
 ともあれ、さっさと片付け次の章へと参りましょう。







■六十戦目:トライアタッカーR2 ×2 トライアタッカーHG
        ファランクスJ9 ×2


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


ガレリア要塞初戦 敵構成

ガレリア要塞初戦 トドメ前

ガレリア要塞初戦 リザルト









■六十一戦目:ゼフィランサス×2

《要注意TB》:ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


vsゼフィランサス×2 構成

vsゼフィランサス×2 一体目撃破前
vsゼフィランサス×2 一体目撃破

vsゼフィランサス×2 二体目撃破前
vsゼフィランサス×2 二体目撃破

vsゼフィランサス×2 リザルト








■六十二戦目:ファランクスJ9 ×2
          トライアタッカーR2 ×2 トライアタッカーHG ×2


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


ガレリア要塞宝箱魔獣戦その1 敵構成

ガレリア要塞宝箱魔獣戦その1 トドメ前
ガレリア要塞宝箱魔獣戦その1 トドメ

ガレリア要塞宝箱魔獣戦その1 リザルト
エンゼルレベルアップ!

 ディープオーカー入りの宝箱魔獣戦。
 控えメンバーに育成しておきたいマスタークオーツを持たせていましたが、ここでエンゼルがレベル3にアップ
 起死回生のアビリティが強化。また、ピンチ時に自動回復のアビリティが追加され、アーツシャイニングを習得しました。
 効果は強力ですが、使いどころがあるかは謎です。遅延を縛ったままでしたら必須クオーツだったかも。








■六十三戦目:ファランクスJ9 ×6
          トライアタッカーR2 トライアタッカーHG


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


ガレリア要塞宝箱魔獣戦その2 敵構成

ガレリア要塞宝箱魔獣戦その2 トドメ前
ガレリア要塞宝箱魔獣戦その2 トドメ

ガレリア要塞宝箱魔獣戦その2 リザルト
メビウスレベルアップ!

 クオーツ『業火』入り宝箱魔獣戦。
 この戦闘でメビウスのレベルもアップ。アセラスを習得しますが、よくよく考えたらまるで使い時のないアーツですねコレ
 レベル4に到達した最初のマスタークオーツ。ただ、ぶっちゃけますと、メビウスの強みはもうダークマターを習得できる点以外に無いという。








■六十四戦目:ファランクスJ9 ×6
          トライアタッカーR2 トライアタッカーHG


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


ガレリア要塞宝箱魔獣戦その3 敵構成

ガレリア要塞宝箱魔獣戦その3 トドメ前
ガレリア要塞宝箱魔獣戦その3 トドメ

ガレリア要塞宝箱魔獣戦その3 リザルト

 クオーツ『覇道』入り宝箱魔獣戦。敵の面子は業火の時と同じ。
 ダブル~アラウンドキル、オーバーキルに気を付けながら一体ずつ確実に処理して突破します。









■六十五戦目:帝国解放戦線・剣×2 帝国解放戦線・小銃×2
          トライアタッカーR2 トライアタッカーHG


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         オーバーキル
         ダブルリンク


vs帝国解放戦線 敵構成

vs帝国解放戦線 トドメ前
vs帝国解放戦線 トドメ

vs帝国解放戦線 リザルト

 対スカーレットの前哨戦。全員遅延耐性が無いので、孤影斬と電光石火で圧勝です。
 EPは次の戦闘でも回復せずにそのまま持ち越されるようですが、そもそもこの戦闘で使うEP量自体、大したことないので気にしなくて良いです。








■六十六戦目:S―スカーレット HP110040
          R・ゼフィランサス HP58295


《要注意TB》:オーバーキル
         ダブルリンク


vsスカーレット 敵構成

vsスカーレット リィン・孤影斬のポジションへ

vsスカーレット ミリアムちゃんアタック!

vsスカーレット オーバーキルのピンチ! しかし……
vsスカーレット ガイウスのゴルトスフィアで処理!

vsスカーレット ゼフィランサス二体目撃破前
vsスカーレット ゼフィランサス二体目撃破

vsスカーレット トドメ前
vsスカーレット トドメ

vsスカーレット リザルト



 …………。

 ええ、はい。なんとなくこの画像の列挙で流れはお察し頂けたと思います
 直線状に並ばせて孤影斬連射。これで勝てる戦いですよね。分かってました(満面の笑顔
 スカーレットのSクラフトやアーツは非常に強力みたいですが、使わせなければこんなもんです。







五章S評価取得

 この章も、無事最大APで突破。
 次から六章です。遅延に頼り切って来たリィンに、思わぬ伏兵現る……!?



関連記事

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:レグラム編







■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)






 五回目の実技テストを終え、新たに編成されたリィン以下A班はレグラムの地へ目指すのであった。
 というわけで、とりあえず特別実習に向かう前に購入しておくものがあるのでミヒュトさんのところに寄ります。
 買っておきたいのは魔獣の粉末魔獣のゼラチンそれぞれ5個ずつクエストで必須になるのでここで個数分揃えておきます
 ではでは、今回はローエングリン城まで一気に攻略したいと思うので、サクっと進めて参りましょう。





■五十二戦目:執事クラウス HP65369

《要注意TB》:トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


vs執事クラウス
執事クラウス ステータス

 パーティは、リィン・ラウラ・ミリアムの3人が固定で、あと一人を残りのメンバーから選ぶことになります。
 早くノーブルオーダーを覚えて欲しいので自分はユーシスを選出。回復役として働いてもらうので、エマを選んでも問題ないでしょう。
 さてさて、上の画像をご覧の通り、クラウスさんには遅延が一切通りません
 なので、リィンにはいつもの遅延用構成ではなく、別の装備を整えてあげます。



リィン Lv31 役割:クロノドライブ&激励役

MQ:イージス……耐久が貧弱なので、物理防御で守りを固める
 時:韋駄天珠……チートクオーツの一角。SPDを大幅上昇させつつ、クロノドライブ・クロノバーストを習得
 火:メルティライズR……CP補充用に。HPも微量ながらアップ
 時:行動力2……SPD底上げ



ラウラ Lv36 役割:アタッカー

MQ:レイヴン……クロノドライブ習得。SPDを底上げ
 火:メルティライズ……CP補充用に
 水:ティアラR……HPを底上げ。緊急時の回復役としてティアラも習得
 水:HP2……耐久値底上げ



ミリアム Lv41 役割:アタッカー

MQ:サイファー……ソウルブラーを習得。能力低下アビリティも有効
 地:豊穣……HPを微量アップ。アースグロウも習得
 幻:EP2……EP値を底上げ
 幻:セイントフォース……STR強化用に



ユーシス Lv41 役割:回復役

MQ:カノン……ティア系統アーツを習得し、ヒーラーとして動く
 空:省EP2……EP消費量を抑える
 風:薫風……EP値を上げつつ、ブレスを習得
 空:ダークマターR……HPをアップ




 APランク報酬で韋駄天珠をゲットしているので、リィンのSPDが超強化されてます。彼には補助役として動いてもらうので、アタッカー用のマスタークオーツではなく、防御用にイージスを装備。これでも十分な攻撃力を発揮できますが。
 クラウスさんは遅延技が通りませんが、広範囲攻撃を持っていません。四方に散開していれば、まずユーシスのカノンティアで回復は間に合います。
 ただ、ラウラ以外は攻撃を2発貰うと死にかねないので、クラウスの行動には常に注意しておきます。
 リィンはクロノバーストからの激励×2でパーティの攻撃力を速攻強化。あとはクロノドライブやメルティライズを撒いたり、することがなければ攻撃したり。
 そうしてSTRを強化したら、ラウラとミリアムで殴りにいきます。ラウラはメルティライズを付与しながらSクラ。ミリアムもSTR強化を貰い次第Sクラし、ソウルブラーでCPヒールを高速回収しにいきます。
 ユーシスはひたすらティアで回復。これで攻守ともに安定します。

vs執事クラウス ユーシスSクラ前
vs執事クラウス リィンSクラ前
vs執事クラウス 焔ノ太刀

vs執事クラウス リザルト
ライアットビーム習得

 トドメまで畳み掛けられそうだったので、ユーシスとリィンのSクラ祭りで〆。
 久しぶりにクリスタルセイバーと焔ノ太刀にお世話になった気がします。
 というか、改めてこの戦闘で実感しましたが、時属性クオーツってやっぱ便利ですね。






■五十三戦目:サメゲーター×2 HP32461

《要注意TB》:ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


vsサメゲーター 初期配置

 エベル街道には魔獣入り宝箱が一つありますが、リィンとユーシスの二人のNextEXPが3ケタ台だったので、入手経験値量の多い手配魔獣戦から消化することにしました。
 お馴染みの遅延戦法で完封できるので、とにかく孤影斬連射してサメ共を黙らせます。

vsサメゲーター 一体目撃破
vsサメゲーター 二体目撃破

vsサメゲーター リザルト
ノーブルーダー習得

 はい、終了。
 この戦闘でユーシスがレベルアップ。超強力バフクラフト、ノーブルオーダーをようやく習得しました!
 ユーシスの時代来たれり! あ、ついでにエマもクレセントシェルを覚えましたが使い時はほぼ無い模様。







■五十四戦目:ゴルドサイダー グリードリーパー×3
          わかくさポム×2 ココパンダー


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         トリプルカウンター
         ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


エベル街道宝箱魔獣戦 敵構成

エベル街道宝箱魔獣戦 トドメ前
エベル街道宝箱魔獣戦 トドメ

エベル街道宝箱魔獣戦 リザルト

 遅延や気絶で完封。オーバーキルには気を付けよう(何度かこれでリセットする羽目に)
 ちなみに、この宝箱にはSPD+15上昇させてくれるチートアクセサリ『アビスシャドウ』が入ってます。以降の戦闘が更に楽になりそうですね?







■番外編:アルゼイド子爵 HP65500

vsアルゼイド子爵 神気合一前

vsアルゼイド子爵 神気合一!
vsアルゼイド子爵 洸刃剣!!

エリオット「うわ~っ!」

 絶技を見ることはできませんでしたが、ひたすら逃げ続けることで49999ダメージを確認することができます。
 エフェクト凄い強そう(小並感







■五十五戦目:ファランクスJ9 HP24235

《要注意TB》:ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


vsファランクスJ9 気絶
vsファランクスJ9 ぎがんとぶれーいく!
vsファランクスJ9 トドメ

vsファランクスJ9 リザルト

 遅延がよく通るので完封できます。
 しかし、被弾無しだとノーダメージボーナスを取得してしまいます。ガイウスのワイルドレイジを使えばこの条件を突破できるので、トドメを差す前に彼には一発吠えてもらいましょう。








■五十六戦目:シャドウスピリッツ×2

《要注意TB》:ダブルキル
         オーバーキル
         ダブルリンク


ローエングリン城突入戦
ローエングリン城突入戦 トドメ

ローエングリン城突入戦 リザルト

 ローエングリン城攻略に突入。
 シャドウスピリッツは、雑魚敵でありながら遅延耐性20と、若干孤影斬の通りが悪いです。
 とはいえ、2体だけなら強敵でもなく、サクっと討伐。







■五十七戦目:デススラッガー×4 ワンダーソード×4

《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         オーバーキル
         ダブルリンク


ローエングリン城宝箱魔獣戦 敵構成

 マスタークオーツ『カッツェ』入りの宝箱魔獣戦です。
 シャドウスピリッツと違い、この2体には遅延が100%通るので、上手いこと孤影斬を当てれば完封できます。
 ただし、デススラッガーは射程の長いクラフト持ちなので、1発か2発の被弾は覚悟しておきます。冥界四連砲は空3rdと違って多段攻撃ではないのでご安心を

ローエングリン城宝箱魔獣戦 絶望のHPミリ残し
ローエングリン城宝箱魔獣戦 どうにか対処

ローエングリン城宝箱魔獣戦 リザルト

 HPをミリ残ししてしまいましたが、HPヒールボーナスを取らせることで対処
 こうなってしまうと本当面倒なので、極力ダメージ計算をしっかりして攻撃していく必要があるんですけどね!







■五十八戦目:シャドウスピリッツ×4

《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         トリプルキャンセル
         オーバーキル
         ダブルリンク


vsシャドウスピリッツ×4 初期配置

vsシャドウスピリッツ×4 トドメ前
vsシャドウスピリッツ×4 トドメ

vsシャドウスピリッツ×4 リザルト

 お城に迷い込んだ子供たち救出戦。イベントではラウラが勇ましく先陣を切りましたが、戦闘メンバーはご覧の布陣です。
 孤影斬・ライアットビーム・アクアブリードorハイドロカノンで一気に殲滅します。







■五十九戦目:ノスフェラトゥ HP64831
          シャドウスピリッツ×4+???


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         トリプルキャンセル
         トリプルカウンター
         アイテムラヴァー
         オーバーキル
         ダブルリンク


《使用技》  :ノスフェラトゥ
         ・通常攻撃(単体 遅延付与)
         ・悪夢の園(地点指定範囲攻撃 悪夢付与)
         ・グリムバタフライ(大円範囲アーツ 悪夢付与)
         ・ソウルピニオン(単体特殊攻撃 一人取り込み行動不能にさせる)
          ・ソウルリリース(一定ダメージを受けると発動 取り込んだ相手を解放する)
         ・仲間を呼んだ(超低ディレイ 封技無視(?) シャドウスピリッツを3体まで逐次召喚)


         シャドウスピリッツ
         ・通常攻撃(単体攻撃)
         ・デスボイス(小円範囲攻撃 悪夢付与)
         ・ファントムフォビア(大円範囲アーツ ランダム能力低下付与)


vsノスフェラトゥ 初期配置

 五章、ひいては閃の軌跡1における難敵の一角、《不死の王》ノスフェラトゥさんです
 以前に苦戦を強いられたギノシャ=ザナクと同じく、このボスも雑魚召喚持ちなので、ダブル~アラウンドキルボーナスが障害として立ちはだかります
 その上、通常攻撃には遅延効果が有り、悪夢付与つきのクラフトにアーツを備え、更にはソウルピニオンなどという強制行動不能技まで使用してくる他、召喚する雑魚も遅延耐性20のシャドウスピリッツと、性能だけで見ればあのギノシャ=ザナクを遥かに凌ぐ厄介なボスです
 とはいうものの、三章の時に比べれば、こちら側も技や装備が充実していますし、五章はパーティメンバーにも恵まれています。強敵なのは間違いないですが、言うほど苦しい戦いでもありません。

 遅延耐性20程度の相手、妨害1&2の揃った孤影斬で散らせて差し上げましょう

 ってなわけで、なんだかんだと総力戦になったので各メンバーの装備構成と戦闘指針を紹介しておきます。



ノスフェラトゥ戦装備(リィン・ラウラ)
ノスフェラトゥ戦装備(ユーシス・ガイウス)
ノスフェラトゥ戦装備(エマ・ミリアム)

ノスフェラトゥ戦オーブメント(リィン・ラウラ・ユーシス)
※左からリィン・ラウラ・ユーシス
ノスフェラトゥ戦オーブメント(ガイウス・エマ・ミリアム)
※左からガイウス・エマ・ミリアム

ノスフェラトゥ戦陣形




リィン Lv34 役割:遅延役

MQ:レイヴン……もはやお馴染み装備。速度特化からの孤影斬で敵を無力化
 時:妨害2……遅延確率引き上げ
 火:メルティライズR……HP微量アップ
 時:妨害1……遅延確率引き上げ


・レイヴンの効果で戦闘開始直後SPD+25%の状態からノーブルオーダーを貰い、開幕トップスピードで孤影斬を撃つ
・ボス、雑魚共に遅延耐性20だが、妨害装備で遅延率を上げているので、ほぼ五割の確率で遅延は通る
耐久が貧弱なので、メルティライズRで少しでもHPをアップ
・トドメにいけそうなら焔ノ太刀で畳み掛けてもいいが、確実性を取るなら無理せず遅延に徹する




ラウラ Lv39 役割:開幕囮役&雑魚掃除係

MQ:イージス……開幕物理防御で敵の攻撃を一発分凌ぐ
 火:メルティライズ……CP補充用に習得
 水:ティアラR……HPを底上げしつつ、緊急時用の回復アーツも習得
 水:HP2……耐久力大幅アップ


高いHPと、イージスの物理防御で開幕の敵の攻撃を引きつける
リィンやユーシスにメルティライズを唱えてCPを管理
・その後は鉄砕刃や地裂斬、洸円牙を使い分けながら雑魚を処理する
・雑魚を一掃した後は、ミリアムに交代(既に交代済みの場合はエマにバトンタッチ)




ユーシス Lv43 役割:ノーブルオーダー&雑魚掃除or回復役

MQ:カノン……回復アーツと、手ごろな水属性攻撃アーツを習得
 空:省EP2……消費EPを抑えて継戦能力をアップ
 風:美臭……ダークマターを習得
 空:命中2……回避カウンター防止(クイックスラスト用)


ノーブルオーダーで味方パーティのSTR・ATS・SPDを強化して殲滅力をアップ
・カノンのアビリティ効果で、開幕HPヒール付き。多少ダメージを喰らっても安心
・ティアやティアラで味方の回復に務める
・シャドウスピリッツは水属性と空属性が弱点。攻撃アーツの威力を使い分けることで、雑魚掃除役としても貢献できる




ガイウス Lv42 役割:雑魚掃除専門

MQ:メビウス……ダークマターを習得
 風:白虎刃……睡眠や暗闇を期待
 風:移動3……特に意味無し。アイテム係としての出番があるなら、MOVを上げておいて損はない
 地:石化の刃……石化を期待して装備


・雑魚掃除特化装備の構成。また、耐久力も高いので滅多に倒れる心配が無い
ダークマターの吸引効果で敵を集める
・状態異常に期待するなら、ゲイルスティングで封技・睡眠・暗闇・石化を狙う
 ・暗闇効果はトリプルカウンターを誘発しやすいので、これを嫌うなら白虎刃→睡眠の刃に変更
・タービュランスは威力Aのクラフト。通常攻撃やゲイルスティングで仕留められない雑魚は、この技で処理
・Sクラアタッカーとしては起用しないので、ワイルドレイジの出番は無し
・雑魚を一掃した後は、ミリアムに交代(既に交代済みの場合はエマにバトンタッチ)




エマ Lv43 役割:メルティライズ&セイントフォース役

MQ:カッツェ……SPD補正が高めの後衛用マスタークオーツ
 幻:銀言鈴……セイントフォースの硬直を短縮。強化サイクルの効率化を図る
 火:練気……メルティライズを習得
 幻:セイントフォース……ミリアムのSTRを強化


雑魚を全員駆逐し終えたら、ラウラorガイウスから交代
メルティライズでリィン、ユーシス、ミリアムのCPを管理
・ノーブルオーダーがあるのでセイントフォースは基本要らない子だが、交代間際にオーダーより先に詠唱が間に合うならば、ミリアムに使用
セレネスブレスでCP補充しても良い
Sクラを習得しているが、補助役に徹していた方が安定するので使用しない




ミリアム Lv43 役割:Sクラアタッカー

MQ:サイファー……ソウルブラーを習得。能力低下アビリティも有効
 地:豊穣……HPを微量アップ。ミリアムの出番が回ってくる時、大抵ボスは遅延で遅れてるので、それを考慮するならSTRが上昇する他のクオーツでも良い
 幻:EP2……EP値を底上げ
 幻:セイントフォース……自己強化用に


雑魚を全員駆逐し終えたら、ラウラorガイウスから交代
威力SSSの必殺技を持つ超強力アタッカー
ソウルブラーでメルティライズのCPヒールを高速回収し、溜まり次第Sクラ発動
 ・ついでにソウルブラー連射で気絶も狙える
交代直後、自身にセイントフォースを詠唱。エマのセイントフォースorユーシスのノーブルオーダーとの二重掛けでSTRを限界強化し、Sクラを撃つ
・大体ギガントブレイク3~4発も撃てればノスフェラトゥを討伐可能




 とまあ、以上の方針で動いた結果、

vsノスフェラトゥ シャドウスピリッツ撃破前
vsノスフェラトゥ シャドウスピリッツ撃破

vsノスフェラトゥ トドメ前
vsノスフェラトゥ トドメ

びくとりー!

ミリアム「びくとりーっ!!」


 攻略の流れをまとめると、

①:雑魚を掃除し終えるまで高耐久のラウラとガイウスが頑張る。リィンは孤影斬。ユーシスはノーブルオーダー。
②:雑魚が居なくなったらラウラとガイウスはお役御免。補助役のエマでパーティを支え、ミリアムで攻める。リィンは孤影斬。ユーシスはノーブルオーダー。
③:なんか倒してた


 ってな感じで、割とあっさりでした。やはり妨害1&2が揃うと攻略難度もグンと落ちますね。ノーブルオーダーの存在も大きい

vsノスフェラトゥ リザルト

 これにてローエングリン城攻略完了。思っていた以上に楽勝でした。
 ただし、こいつもアンスルトと同じく、遅延を縛った瞬間一気に難易度が跳ね上がりそうですがorz
 ではまあ今回はこの辺で。レグラム編は終了しましたが、五章はもうちょっとだけ続くんじゃよ。




関連記事

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:旧校舎五層~実技テスト






■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)



クロウ加入

ミリアム加入


 待望の五章までやって参りました!
 新たな仲間! 新たなマスタークオーツ! 戦力の大幅増強!
 これはテンションも上がってくるってなモンです。早速、この章で入手できるマスタークオーツを見て行きましょう。





イージス Lv3

HP :500  EP :50
STR:35   DEF:45
ATS:35   ADF:60
SPD:5

【所持アーツ】:ニードルショット
          アースグロウ
          ラ・クレスト


【アビリティ】:★戦闘開始時に「物理防御・魔法反射」


 ミリアムが初期装備として持ってくるマスタークオーツ、イージスです。
 三章の蜘蛛さん戦でも大変お世話になりましたが、相変わらず強力です。全体的に高水準にまとまった能力補正に、何と言ってもアビリティの「物理防御・魔法反射」。これのおかげで、壊滅に陥りやすい初手の攻防を安全に乗り切ることができるようになります。
 習得アーツは、アースグロウがガイウスのワイルドレイジと相性が良いので、覚えておいてまず損は無いです。蜘蛛さん戦でもこのアーツに救われましたからね
 レベルが一つ上がれば、アダマスシールドを習得します。消費EPは重いですが、いざという時の防御手段として大変有効です。
 というわけで、文句なしの性能なので当然スタメン採用。レベル4までは確実に育てます
 あと、地味に地属性マスタークオーツの中ではSPD補正が最速の模様。




サイファー Lv3

HP :400  EP :50
STR:45   DEF:20
ATS:35   ADF:20
SPD:9

【所持アーツ】:ソウルブラー
          デモンサイズ


【アビリティ】:★通常攻撃・クラフトで「能力低下」
          発生確率30%(効果はランダム)



 クロウが持ってくる神マスタークオーツ
 STR補正がレイヴンと同じ、SPD補正がレイヴンに次いで2位の性能と、これだけでもアタッカー用のクオーツとしては破格なのですが、サイファーの持つ最大の美点は他にあります。
 それは、チートアーツ『ソウルブラー』を習得できるという点です
 クロノバーストを除けば最短ディレイの性能を誇るソウルブラー。CPヒールを付与された状態でこれを連射するだけで、CP100なんてあっという間に溜まってしまいます。連射していれば大抵敵は気絶するので、強引にクリティカルを狙う事も可能です。
 そのソウルブラーを、時スロット持ち以外に持たせることができるという意味はかなり大きいです。
 終章に至るまでアタッカーに装備させ、速攻でCP回収→Sクラのサイクルで一気に敵を殲滅していきます
 アビリティは、特定のデバフを狙えるわけではありませんが、Sクラを使いづらい宝箱魔獣戦などでは特に有り難い効果です。ボス戦ならば、DEFダウンを引ければ儲けモノ、みたいな感覚ですね。




パンドラ Lv3

HP :300  EP :50
STR:15   DEF:15
ATS:45   ADF:25
SPD:5

【所持アーツ】:シルバーソーン
          グランドプレス
          ハイドロカノン


【アビリティ】:★攻撃アーツのダメージアップ
          与ダメージ1.2倍
          消費EP1.5倍



 五章以降、技術部で購入できます。
 能力補正で見どころがあるのはATSくらい、持ち味のアーツダメージアップのアビリティも、デメリットが大きすぎてこの縛りでは使いづらい。
 マキアスのエナジーシェルを使えばあるいは使い道も……とは思いますが、その戦法を取るくらいならサイファー&メルティライズブラー戦術の方が有効です。
 一応購入はしてますが、使いどころはまずないでしょう。




カッツェ Lv3

HP :700  EP :70
STR:35   DEF:35
ATS:45   ADF:35
SPD:7

【所持アーツ】:ソウルブラー
          デモンサイズ


【アビリティ】:★魔法攻撃を吸収
          発生確率50%



 ローエングリン城の宝箱から、時属性マスタークオーツのカッツェです。
 こちらもサイファーと同じくソウルブラーを習得し、かつ能力補正も全体的に高い値でまとまってます。
 サイファー役のEPが枯渇した時の、代打Sクラアタッカーとして運用できるでしょう。
 当然、レベル4まで確実に育成しておきます
 アビリティの魔法攻撃吸収効果は、遅延技を完全解禁した今となっては、滅多に発動する機会は無さそうです。




カノン Lv3(レベルアップ)

HP :400  EP :70
STR:20   DEF:20
ATS:45   ADF:35
SPD:3

【所持アーツ】:ティア
          アクアブリード
          ティアラ
          ハイドロカノン


【アビリティ】:★HP回復アーツの効果アップ
          回復量1.75倍

         ★戦闘開始時に「HP徐々に回復」
          3ターンの間、HP30%回復



 旧校舎五層攻略の途中でレベルが上がった為、せっかくなので一緒に紹介しておきます。
 能力補正だけで見ると、他のマスタークオーツと較べるとやはり若干貧弱です。特にSPD補正が+3というのは非常に手痛い
 ですが、レベル3になって新たに追加されたアビリティ、3ターンの間HPヒール付与の効果は、イージスと同じく、初手の攻防を切り抜けるのに大いに貢献してくれます。
 更には、ローエングリン城に登場する厄介な雑魚的、シャドウスピリッツは、水属性が弱点です。アクアブリード、ハイドロカノンと、威力・範囲共に敵を単体処理しやすいアーツを習得できるカノンは相性が良いです
 回復量の増加したティアも使い勝手が良く、やはりカノンがあると安定度は増すので、このまま、できればレベル4を目指します。





 今回の旧校舎探索は、新メンバーのミリアムとクロウの二人が固定パーティに。
 6人中3人が確定してしまったので、残りのメンバーは特別実習のA班、エマ・ユーシス・ラウラ・ガイウスの4人から選出します。
 メルティライズ役が欲しいのでエマは確定。
 早くノーブルオーダーを習得して欲しいのでユーシスも確定。
 で、あとの1枠をラウラかガイウスのどちらかを選択しなければならないのですが、取得できる経験値量を考慮し、ここはラウラで。彼女だけは前の章から続投する為、他の面子よりレベルが低い状態です。まだ洸円牙も覚えていないので、ちゃちゃっとレベルアップしてしまいましょう。
 以上の探索メンバーで、攻略開始です。






■四十八戦目:フロストバイター×6 ポリプルン×2

《要注意TB》:ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


旧校舎五層宝箱魔獣戦 初期配置

旧校舎五層宝箱魔獣戦 トドメ前
旧校舎五層宝箱魔獣戦 トドメ

旧校舎五層宝箱魔獣戦 リザルト
旧校舎五層宝箱魔獣戦 カノンレベルアップ


 リィンの孤影斬とクロウのダブルクイックで遅延させれば、完封可能。
 ノーダメージボーナスがあるので、倒す前に一度被弾しておきます。
 この戦闘でカノンのレベルが3にアップ『最低限レベル3の到達を目指す』というプレイ前の目標を到達できました。これならレベル4もいけそうですね。







■四十九戦目:アンスルト HP59212

《要注意TB》:アイテムラヴァー
         オーバーキル
         ダブルリンク
         リベンジャー


vsアンスルト


 閃の軌跡1における強敵ボスの一角、アンスルトさんです。
 異常なほどに高いSPDから繰り出される高威力の範囲攻撃に圧殺されたプレイヤーは多い筈。
 ちなみに調べてみると、閃1で一番SPDが高いのがこのアンスルトです。その値はなんと139。ラスボスすら凌駕しており、この時点での装備では限界までクロノドライブで強化してもなかなか追いつけません
 ただし悲しいかな、今回はリィンに加えてクロウがいます。時属性スロットを二つ、そして遅延技持ちの二人の前では、遅延耐性20など無に等しいです
 一応、簡潔に装備構成を列挙しておきましょうか。



リィン Lv29 役割:クロノドライブ&遅延役

MQ:レイヴン……クロノドライブを習得
 時:妨害1……遅延確率引き上げ
 火:練気……メルティライズを習得
 時:妨害2……遅延確率引き上げ



ミリアム Lv41 役割:Sクラアタッカー

MQ:サイファー……ソウルブラーを習得。高速CP回収用に使用
 地:豊穣……HP微量アップ
 幻:EP2……ソウルブラー用のEPを確保
 幻:EP1……同上



クロウ Lv41 役割:遅延役

MQ:メビウス……他と比べてステータス補正が高め
 時:妨害1……遅延確率引き上げ
 水:HP2……耐久力アップ
 時:妨害2……遅延確率引き上げ



エマ Lv41 役割:CP補充役

MQ:イージス……初手完全物理防御で身を守る
 幻:シルバーソーンR……EP値を確保
 火:メルティライズR……メルティライズを習得
 幻:セイントフォース……ミリアムへのSTRアップ用に




 こんな感じです。えっ、他の二人はどうしたのかって? この4人がいればアンスルトなんて遅延でポイーですよ
 攻略の流れとしては、大ざっぱですが、

・リィンはクロノドライブでSPDバフを維持しながら孤影斬、クロウはダブルクイックでとにかくアンスルトを遅延
・そしてエマがメルティライズをリィンとミリアムへ。セイントフォースで適宜ミリアムの攻撃力も強化
強化されたミリアムちゃんが威力SSSのギガントブレイクで攻撃。ソウルブラーでCPヒールを高速回収しながら、ついでにアンスルトの気絶を狙う。

 あとはせいぜい、トドメに行けそうだったらエマを控えのラウラと交代してSクラを撃ってもらう、くらいでしょうか。
 遅延パターンに持っていければまず負けないので、危惧していたほどの強敵ではありませんでした。逆に、遅延を縛った瞬間一気に無理ゲー化しそうですが

vsアンスルト 気絶

vsアンスルト トドメ前
vsアンスルト クロスレイヴン!
vsアンスルト 撃破

vsアンスルト リザルト

 ミリアムでは攻撃力過多でオーバーキル取得しそうだったので(恐らく大丈夫だとは思いますが)、念には念を入れて無強化状態のクロウでトドメ。
 割とあっさり、アンスルトを突破です。






■五十戦目:ガイウス  HP9297
         ユーシス  HP7848
         マキアス  HP7989
         エリオット HP7298


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         オーバーキル
         ダブルリンク


五章実技テスト男子組 AP取得条件


 メビウスのダークマターで集め、孤影斬で遅延し、ミリアムで殴る。以上!
 条件達成の為に、一度回避カウンターを発動させておきます。

五章実技テスト男子組 ユーシス撃破前
五章実技テスト男子組 エリオット撃破前
五章実技テスト男子組 ガイウス撃破前
五章実技テスト男子組 マキアス撃破前

五章実技テスト男子組 リザルト

 この後、女子チームとの連戦になりますが、HPとEPは完全回復するので補給は気にしなくて大丈夫です。
 次も遅延でちゃちゃっと攻略しましょうか。







■五十一戦目:フィー HP6781
          ラウラ HP8418
          アリサ HP7041
          エマ  HP6817


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         オーバーキル
         ダブルリンク


五章実技テスト女子組 AP取得条件

 攻略法は男子チームと同じ。ダークマター→孤影斬→ミリアムぱーんち(ソウルブラー)です。
 AP取得条件の一つに駆動解除があるので、アリサを残して他を撃破しておきます。
 エマを残すと、セレネスブレスで回復される恐れがあるので

五章実技テスト女子組 フィー撃破前
五章実技テスト女子組 エマ撃破前
五章実技テスト女子組 ラウラ撃破

五章実技テスト女子組 駆動解除
五章実技テスト女子組 アリサ撃破前
五章実技テスト女子組 アリサ撃破

五章実技テスト女子組 リザルト


 一丁上がりです。
 皆、揃いも揃って遅延耐性50なんですもの。孤影斬の餌食ですわ






五章実習前AP取得状況


 今回はこれにて終了。
 旧校舎ボスも実技テストも、特に苦戦することも無くクリア。この調子でレグラムもぱぱっと行ってしまいましょう!
 ではでは、次回からは特別実習編です。





関連記事

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:緋の帝都ヘイムダル編






■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)





帝都画像

 4回目の実習先は帝都です。東側だけですが、超広いです。
 ガルニエ地区の高級宝飾店では、零の軌跡からのお馴染みアクセサリー、『パシオンルージュ』『サイレンスブルー』『ディープオーカー』『エヴァーグリーン』を購入できます。
 高性能なアクセサリーで、特にディープオーカーとエヴァーグリーンはSPD+5が付いていて重宝します。かなり高額になりますが、オムレツ錬金に時間を費やせば人数分全て揃えようと思えば揃えられます。私は揃えました。意地で
 ただ、オムレツ錬金し続けていて、私は思ったのですよ。莫大な時間かけてまで、コレを手に入れる必要があるのかと
 この先、思わぬ苦戦ポイントが待ち受けてるかもしれないので、詰み対策として念の為にとミラを稼ぎましたが、必要なければ錬金苦行をせずに済みます。
 というわけで、私はそれを確かめる為、これら購入した4色アクセサリーは封印することにしました。封印といいましたが、縛りではありません。道中の宝箱など、本編で手に入る分は普通に装備します。あくまで、通常プレイと同じ条件に準じてプレイを進める、ってことですね。
 現時点で装備できるのは、旧校舎四層の宝箱で手に入ったエヴァーグリーン一つのみ。そんな感じで、帝都実習行ってみましょう。




■四十戦目:ブラックドローメ×5 ダーティラッチュウ×3

《要注意TB》:ノーダメージ
         ダブル~アラウンドキル
         トリプルカウンター
         トリプルキャンセル
         オーバーキル
         ダブルリンク


帝都実習・宝箱魔獣その1 初期配置画像

帝都実習・宝箱魔獣その1 トドメ前

帝都実習・宝箱魔獣その1 リザルト

 遅延で完封。以上。








■四十一戦目:ビッグドローメ HP58884
           ブラックドローメ×6


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         トリプルキャンセル
         トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


《使用技》  :ビッグドローメ
         ・通常攻撃(小~中円範囲 HP吸収 SPDダウン付与)
         ・空間振動(全体攻撃 ADFダウン付与)
         ・ラグナヴォルテクス(超威力全体アーツ 封技付与)

         ブラックドローメ
          ・通常攻撃(小円範囲 HP吸収)
          ・デモンサイズ(中円範囲 即死攻撃)


vsビッグドローメ

 遅延で完封……できるにはできるのですが、正直こちらの攻撃力が貧相で中々ボスのHPを削りきれません。たまに孤影斬の遅延を潜り抜けて来て一気にパーティ崩壊、なんてこともあったので、ある程度そこら辺も対策しつつ戦います。
 まず、何はともあれお供のブラックドローメが厄介です。トリプルキャンセルのボーナスを取りたくないので、できるだけ駆動解除しない方向で戦いたいのですが、かといってデモンサイズを喰らうわけにもいきません。即死対策以前に、単純にダメージが痛いからです
 なので、最初に2体以上デモンサイズを駆動されたらその戦闘は捨てましょう☆ いや、捨てずに挑み続けても良いのですが、ぶっちゃけ面倒でして。
 リィンはボスを巻き込みつつ雑魚に孤影斬をばら撒き、フィーはリィンにクロノドライブで補助しつつダークマターで雑魚を集め、ラウラはメルティライズ。アクアブリードが雑魚に効くので、エリオットはこれでブラックドローメをお掃除です。
 孤影斬、地裂斬、ダークマター、アクアブリードで雑魚を一掃したら、あとはひたすら遅延お祈りゲーです。
 ただ、ビッグドローメは見た目に反してかなり行動が速いので、一度でも手番を回してしまうのは危険極まりないです。ラグナヴォルテクスとかどう受けろっちゅーんじゃ(怒
 なので対策として、フィーのクリアランスを2度当てて、SPDを-50%まで下げておきます。この状態ならば、仮に行動されても余裕を持てます。
 ついでにラウラとマキアスでボスのDEFを下げて、Sクラの威力を底上げします。
 遅延が順調に通り、撃破圏内が見えたら一気に畳み掛け、討伐完了です。

vsビッグドローメ リィンで畳み掛け
vsビッグドローメ トドメ前
vsビッグドローメ トドメ
※遅延を潜り抜けてきていたので、リィンとラウラのSクラで畳み掛け

vsビッグドローメ リザルト


 この戦闘を経て感じたことは、ラウラ一人でメルティライズを回すのはキツイ……でしょうか。
 彼女自身もアタッカーとして動きたいのに、リィンの行動が速すぎて4ターン分のCPヒールをすぐに消化してしまい、ラウラのSクラ発動タイミングとどうにも上手く噛みあわないのです
 加えて、ラウラはEP値もそこまで高くないので、長期戦にも向いていません。
 この問題を解消したい場合、四章実習までにマスタークオーツ『フォース』のレベルを2まで上げておいた方が良さそうです
 フォースはレベル2でメルティライズを習得するので、マキアスに装備させれば彼がメルティライズ役として輝けます。
 残念ながら、私は早い段階でフォースの成長を見限ってしまったので、今回のプレイではその方法は取れません。代わりにブレイブを装備してフォルテを習得させ、彼にはSTRバフに専念してもらいました。実習後半になってブレイブの存在に気付いたので、次の手配魔獣戦までエンゼルのままになってますが。
 ちなみに、次の五章から強力なマスタークオーツが続々と手に入ります。現時点で至急レベル3に上げておきたいマスタークオーツはレイヴンとカノンの二つだけなので、それ以外のクオーツは経験値とか気にせず適当にとっかえひっかえしても問題ない感じですね。
 ってなわけで、次。







■四十二戦目:リィン  HP14069
           マキアス HP12279


《要注意TB》:ダブルキル
         トリプルカウンター
         アイテムラヴァー
         オーバーキル
         ダブルリンク


《要注意技》 :焔ノ太刀(超威力 炎傷付与)
         追撃→とどめの一撃


vsリィン&マキアス

 ラウラとフィーの仲直りリンク試し撃ち戦。
 マキアスの石化攻撃が怖いので事前に対策しておきます。それ以外は、焔ノ太刀を除けばさほど脅威ではありません。いや、孤影斬は怖いのですが、使用頻度は高くないので気にしなくて良いです。
 崩されて追撃→とどめの一撃の流れで一気にHPを0まで持って行かれます。こればかりは崩れない事を祈るしかないですね……。
 攻略の流れとしては、リィンの焔ノ太刀が飛んでくる前に彼を速攻で撃破する。これだけです。
 遅延戦法は使えませんが、崩されなければ負けることはありません。

vsリィン&マキアス トドメ

vsリィン&マキアス リザルト

 選択したマスタークオーツはレイヴンとカノン。安定択を取るならば、カノンではなくエンゼルを採用するべきでしょうか。フィーのHPが低く、うっかり死にやすいので







■四十三戦目:フェイトスピナー×3 ワニシャーク×5

《要注意TB》:ノーダメージ
         ダブル~アラウンドキル
         トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


四章帝都実習 宝箱魔獣その2 初期配置画像

四章帝都実習 宝箱魔獣その2 トドメ前

四章帝都実習 宝箱魔獣その2 リザルト

 ご覧の通りです。次行きましょう。







■四十四戦目:グレートワッシャー HP49125
           ワニシャーク×4


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


グレートワッシャー戦 初期配置


 攻略の流れはビッグドローメ戦と同じ。リィンの遅延を通しつつ、雑魚を各個撃破。保険としてフィーのクリアランスでSPDを下げ、Sクラの威力を上げる為にラウラとマキアスでボスのDEFも下げておく。大ざっぱですが、大体こんな感じになります。
 遅延が決まり続けてくれれば楽勝です。万が一ボスに手番を回してしまっても、ビッグドローメと違って対処しやすいのでそこまで身構える必要もありません。

グレートワッシャー戦 トドメ

グレートワッシャー戦 リザルト
スカッドリッパー習得


 Sクラで畳み掛けて終了。
 この戦闘でフィーがレベルアップ。ついに『スカッドリッパー』を習得しました!
 気絶と即死を引き起こす、対雑魚、対ボスどちらでも優秀な働きを見せてくれるクラフト。一気にフィーの活躍の幅が広がります。







■四十五戦目:グレートワッシャー×2 HP49125

《要注意TB》:オーバーキル
         ダブルリンク


グレートワッシャー×2 一体目撃破
グレートワッシャー×2 トドメ前
グレートワッシャー×2 トドメ

グレートワッシャー×2 リザルト

 スカッドリッパーで気絶させ、孤影斬で遅延。ラウラでSクラ。これにて終了!
 この戦闘からマキアスのマスタークオーツを『エンゼル』→ブレイブに。フォルテでラウラを楽々強化できます。(セイントフォースは消費EPが重いので、使用するならばフォルテの方が楽)







■四十六戦目:ガースカルプチュア×2 HP11567

《要注意TB》:オーバーキル
         ダブルリンク


《要注意技》 :デビルビーム(直線攻撃 威力高 炎傷付与)

vsガースカルプチュア 初期配置

vsガースカルプチュア 一体目撃破前
vsガースカルプチュア 二体目トドメ前
vsガースカルプチュア 二体目トドメ

vsガースカルプチュア リザルト

 旧校舎3層に現れたピットデーモンと同系統の魔獣。初手に高確率でデビルビームを撃ってくるのでリィンの孤影斬で一体遅らせて連撃を防ぎます
 デビルビームを耐え抜いたら、リィンは移動を選択。孤影斬の範囲に二体巻き込めるポジションに付き、あとはひたすら遅延で完封勝利。







■四十七戦目:ゾロ・アグルーガ HP65498

《要注意TB》:オーバーキル
         ダブルリンク


《要注意技》 :グリムバタフライ(大円範囲 高威力 悪夢付与)
          大振動(物理全体範囲 確率で遅延)


vsゾロ・アグルーガ 気絶状態!
vsゾロ・アグルーガ トドメ前
vsゾロ・アグルーガ トドメ


 章末ボスで黒の史書にも登場する伝説の魔竜のくせに情けないほど弱い悲しいボス
 フィーがクロノドライブ&スカッドリッパー、リィンが孤影斬、ラウラがメルティライズ&Sクラ、マキアスがフォルテでアタッカー強化、で苦戦することなく撃破。
 遅延の通りが良かったのが勝因ですかね。(一応遅延耐性20なので、運が悪ければ行動される筈)

vsゾロ・アグルーガ リザルト

レイヴンレベルアップ!

 2章から使い続けて、ようやくレイヴンのレベルが3にアップ!
 SPDの能力補正が大幅に上昇しました。デモンサイズを習得しましたが、恐らく使う機会はほぼ無いかと。






四章APランク評価S


 そんなわけで、四章終了です。特に苦戦することなく、あっという間に突破。最早リィンの孤影斬は留まる事を知らない……!
 ただし、五章は多くのプレイヤーを苦しませたであろうアンスルトやノスフェラトゥが待ち構えています。遅延戦法を解禁したとはいえ、果たして無事突破できるのか!? 乞うご期待!





関連記事

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:旧校舎四層~実技テスト








■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)









 四章に突入です。この章から木箱や壺などで「Uマテリアル」を入手できるようになる他、「妨害2」クオーツの合成も解禁されました。
 リィンの孤影斬が大幅強化されるので、実質もう負ける要素は無くなりました。以降は消化試合と言ってもいいでしょう。
 緩い遅延縛りを再び課して縛りを進める、というのも考えましたが、とかく時間が掛かる為、まずはクリアを最優先に進めることにしました。
 そんなわけで、とりあえず新たに手に入るマスタークオーツの紹介から。





クリミナル Lv3

HP :400  EP :50
STR:20   DEF:20
ATS:45   ADF:25
SPD:4

【所持アーツ】:ファイアボルト
         ヒートウェイブ
         フレイムタン
         ヴォルカンレイン


【アビリティ】:★攻撃アーツが「クリティカル」
          発生確率30%



 四章始まってからすぐ、技術部で購入可能です。
 これ一つで火属性の攻撃アーツを一通り揃えることができ、能力補正に関しても術者用のマスタークオーツとしてはそこそこといったところ。
 アビリティ効果でアーツ攻撃でのクリティカルによるダメージ増加も期待できます。

 …………。

 ぶっちゃけこの縛りでは使う機会はありません。
 攻撃アーツよりも補助アーツが欲しかった。これを使うなら他を育てた方が将来性はあります。




タウロス Lv3

HP :700  EP :30
STR:45   DEF:25
ATS:25   ADF:25
SPD:3

【所持アーツ】:ラ・クレスト
         ラ・フォルテ
         アースランス

        

【アビリティ】:★通常攻撃ダメージアップ
          与ダメージ1.5倍
          硬直時間2倍



 四章後半、帝都地下道の宝箱にて入手できる地属性マスタークオーツ。
 閃2では化けに化けたチートクオーツでしたが、閃1では控えめどころか果たして存在意義はあるのかといった性能。
 所持アーツのラ・フォルテが若干魅力的ですが、とにかく硬直時間2倍のデメリットが痛いので、こちらも使うことはないでしょう。





 旧校舎探索の前に、クエスト【幼馴染の本心】を攻略です。
 リィンと、NPCのアラン君の二人で攻略することになる為、準備しておきます。
 一応、タクティカルボーナス1.0を意識して攻略しましたが、この戦闘はリザルト画面がない上に経験値も入らないので、ぶっちゃけボーナスのことは無視して好き放題やって良いです。
 まあそんな感じで、とりあえず妨害2を合成して、いざ。



四章・戦術殻γ戦装備(武器防具)

四章・戦術殻γ戦装備(戦術オーブメント)
火スロに朱雀刃を装備してますが、この後、メルティライズが扱える練気に付け替えてます。



■番外編:戦術殻γ HP21615

《使用技》:通常攻撃(小~中円範囲)
       サンダーストーム(封技付与)
       グランドプレス(地点指定・MOVダウン付与)


《追加AP条件》:①アランが戦術殻にトドメを刺す
           ②戦闘勝利時にアランが生存



 リィンは戦闘開始直後に後退。アランの方が耐久力があるので、彼を囮にさせます。
 アランも無理に攻めには行かず、リィンとは逆方向へ下がります。
 戦術殻γとアランが追いかけっこをしている間に、リィンは自分にクロノドライブ→メルティライズで準備を整え、その後に孤影斬を連射。遅延を通しにいきます。
 CPヒール状態をできるだけ維持し続け、リィンがCP枯渇しないようしっかり管理しておきます
 遅延が通ったら、アランはライトニングバードを使用して戦術殻γのSPDを下げておきます。50%ダウン状態ならば、仮に行動されても猶予を持てるようになるので対処が楽になります
 他、グランドプレスを唱えられても孤影斬連射で。自分はトリプルキャンセルを気にしてたので逃げてました(白目

アラン・トドメ!


 遅延でなんやかんや誤魔化しながら、最後はアランでトドメ。追加APゲットです
 リィン君よりHPがちょうど1000高いアラン君。頼もしいですけど戦術オーブメントを持ってきましょうよ!





 他のクエストも消化し終わったら、旧校舎探索に向かいます。
 今回の探索では基本的にラウラとフィーを一緒に同行させることができませんが、ラウラorフィーのどちらか一人、もしくは両方選ばずに旧校舎内へ入り、旧校舎の内側から『メンバーを入れ替える』を選択することで、彼女ら二人が一緒にパーティインできるようになります(攻略wikiさんありがとう!)。リンクは結べませんが、この縛りだとほぼ無関係なので問題ないでしょう。
 四章の実習メンバーはラウラ、フィー、マキアス、エリオットの四人なので、彼らには少しでも多く経験値を入れておきたいので探索メンバーに選出しておきます。
 特にラウラは次章にも続投するので、少しでもレベルは上げておきたいところ。そしてフィーも、スカッドリッパーを習得すればそれだけ四章攻略が楽になるので、やはりこの二人は外せません。上記の裏道を使って、ラウラとフィーの二人だけは何がなんでもパーティインさせておきます
 探索メンバーはリィン含めて計6人選べるので、残り一人。ベストの候補はアリサになりますが、自分はエマを選んでます。何故か?……というのも、プレイ当時はレベル低いキャラの方がマスタークオーツへの経験値を多く入れられるんじゃないかなぁと思ってたのですが、調べてみると全く関係なかったようですorz
 まあ差し当たって支障は無かったので、気にせず参りましょう。
 なお、遅延技を完全解禁したので、宝箱魔獣戦は苦戦する要素がなくなりました。よほどのことがない限り、以降はスクショのみで簡易にまとめさせてもらいます。




■三十六戦目:ピットケルベロ×4 マッドウィード×4

四層・宝箱魔獣戦初期配置画像

四層・宝箱魔獣戦トドメ前画像
四層・宝箱魔獣戦トドメ画像

四層・宝箱魔獣戦リザルト






 さて、次の旧校舎ボスもぶっちゃけ遅延で完封余裕なのであえて装備構成を晒す必要も無いのですが、全キャラ活用して攻略できた、個人的に満足のいく戦闘だったので、せっかくなので紹介を。
 相手となるのは、二章で苦しめられたクライシスクライさん、あれの強化版です。
 挑む前に、装備構成と、各人の役割方針について触れておきます。


セラフィムゲイト戦装備(リィン・ラウラ)
セラフィムゲイト戦装備(フィー・エマ)
セラフィムゲイト戦装備(マキアス・エリオット)
ちなみにエヴァーグリーンを一つ宝箱で入手しているが、この時点では縛るかどうかちょっと迷っていたため装備してません

セラフィムゲイト戦オーブメント(リィン・ラウラ・フィー)
※左からリィン・ラウラ・フィー
セラフィムゲイト戦オーブメント(エマ・マキアス・エリオット)
※左からエマ・マキアス・エリオット

セラフィムゲイト戦陣形




リィン Lv21 役割:遅延役

MQ:レイヴン……お馴染み、レイヴンドライブ孤影斬で敵を封じる
 時:行動力2……SPD底上げ
 火:朱雀刃……一応状態異常を期待。しかし結局遅延で遅らせるのであんまり意味ない
 時:妨害2……遅延効果底上げ


・セラフィムゲイトは遅延に耐性が無いので、孤影斬が当たれば百パーセント遅延させられる
・戦闘開始直後に移動して孤影斬のポジションを確保し、敵を遅延させ続けるだけの簡単なお仕事
・CPが枯渇しないよう、他キャラでしっかりメルティライズを維持する
・フィー交代後は、自分のクロノドライブでSPD+50%を維持




ラウラ Lv31 役割:壁役&メルティライズ&Sクラアタッカー

MQ:ウィング……ブレイブでも可。ぶっちゃけ何でも良いかも
 火:メルティライズR……リィンやフィー、自身へのCPヒール付与に。HPも+200と若干上昇
 水:HP2……HP+1000。耐久度を底上げして敵の初手攻撃に備える
 水:ティアラR……HP+500で耐久度アップ。もしもの時はティアラを使用(まず無いが)


・今回のボスも、二章のケルビムゲイト戦と同じAIなので、耐久度の一番高いラウラを一人後方に据えることで敵の攻撃を受ける
・エマと協同してメルティライズを唱え、リィンとSクラ役にCPヒールを行き届かせる
一体目を処理し終えたらマキアスorエリオットに交代




フィー Lv31 役割:クロノドライブ&Sクラアタッカー

MQ:メビウス……STRとSPDの補正値がそこそこだったので
 風:睡眠の刃……睡眠クリティカルを狙う
 風:薫風……クロノドライブ2回分のEP値を確保
 時:クロノドライブR……リィンへのSPDバフに使用


・シルフィードダンスは敵を3体巻き込めるので、全体的なダメージ期待値は高い
・リィンは初手行動で移動を選択しなければならないので、フィーの時スロでクロノドライブをカバー
一体目を処理し終えたらマキアスorエリオットに交代




エマ Lv31 役割:メルティライズ&セイントフォース係

MQ:アリエス……装備は何でも良かったが、SPD補正がそこそこなのと、攻撃アーツが揃っている為
 幻:セイントフォース……SクラアタッカーのSTRを強化
 火:練気……メルティライズを習得
 幻:未開封


・補助役。リィンを最優先にメルティライズしラウラやフィーにもCPヒールを付与する
・セイントフォースで出来る限りSクラアタッカーのSTRバフを+50%まで底上げしておきたいが、間に合わないことも多い
・ラウラorフィーのCPが、セレネスブレス一回でSクラ発動圏内に入る場合、選択肢の一つとして考慮しておく(リィンへのメルティライズが最優先)
一体目撃破後はアーツで攻撃にも参加




マキアス Lv31 役割:グランドプレス役

MQ:エンゼル……フォルトゥナを習得
 幻:EP1……EP値を底上げ
 地:豊穣……グランドプレスを習得
 地:地言鈴……グランドプレスの回転率向上


・ラウラやフィーがセラフィムゲイトを一体処理し終えてから参戦。弱点のグランドプレスで攻める
・グランドプレスは地点指定のアーツ。ちょうど真ん中と両脇のどちらかを巻き込める配置になる
エリオットとのダブルフォルトゥナで一気にATS+50%にできる




エリオット Lv31 役割:フォルトゥナ&アーツ攻撃役

MQ:カノン……経験値を入れておきたいため。アクアブリードが地味に役立つ
 空:幸運……フォルトゥナを習得
 水:水言鈴……アクアブリードの回転率向上
 空:未開封


・ラウラやフィーがセラフィムゲイトを一体処理し終えてから参戦
マキアスとのダブルフォルトゥナで一気にATS+50%化を実現。その後はエリオットのフォルトゥナでATSバフを維持
・アクアブリードの威力もそこそこ





■三十七戦目:セラフィムゲイト×3 HP16369

《要注意TB》:ダブルキル
         オーバーキル
         ダブルリンク


《使用技》  :混乱ビーム(通常攻撃 射程長 混乱付与)
          ※一番遠い対象を確定で狙う
         クライシスクライ(全体攻撃 SPDダウン)


セラフィムゲイト初期配置画像

 長々と尺とって装備構成をつらつら書き連ねてきましたが、攻略の流れは二章のケルビムゲイト戦と変わりはありません。
 むしろ装備もクオーツも技もパーティキャラクターも二章の時より充実しているのでラクラクです。
 さて、セラフィムゲイトの最初の攻撃は3体とも混乱ビームです。この攻撃は、セラフィムゲイトから一番遠く離れてるキャラに対してターゲットされるので、この法則を利用すれば攻撃を受けるキャラをこちらで決められます。
 というわけで、HP2、ティアラR、メルティライズRでHPを底上げしたラウラに耐えてもらいます。3発喰らっても死にません。流石7組きっての重戦士。
 ラウラに攻撃を受けてもらっている間、リィンは左側のセラフィムゲイトの傍まで移動、フィーはリィンに対してクロノドライブ、エマはリィンにメルティライズで遅延の準備を整えます。ラウラもメルティライズをフィーに唱えておきます。
 次の行動からはリィンは孤影斬固定。フィーはSクラ。ラウラは自身にメルティライズ、エマはラウラにセイントフォースで攻撃力を上昇。メルティライズとセイントフォースが掛かったらすかさずラウラもSクラ。対象は右のセラフィムゲイトに。
 そんな感じで、フィーはリィンのSPDバフが切れそうになったらクロノドライブ。そうでなければ通常攻撃でCP補充してSクラ。ラウラもメルティライズを付与しながらSクラで畳み掛け、エマは徹底して補助に回ります。右側のセラフィムゲイトを処理するまではこのサイクルで切り抜けます

 セラフィムゲイトを一体倒し切ったら、ラウラとフィーの二人はそれぞれマキアスとエリオットに交代。Sクラ攻めからアーツ攻めに切り替えます。
 というのも、一体倒した状況だと、リィンの孤影斬を分散させる必要が無くなります(孤影斬の直線範囲には3体同時に収まり切らない為、遅延させるにはフィーのクロノドライブを貰いながら2回に分けて孤影斬を撃つ必要があった)。
 ディレイに余裕が出てくるので、リィンは自分のクロノドライブでSPDバフを維持しつつの孤影斬、で充分過ぎるほどボスを遅延させられます。
 そして、実はSクラ攻めより、グランドプレスで攻めた方がダメージ効率は良いです。1体処理するまではリィンの他にクロノドライブ係が欲しかったのでフィーを前線に出す必要があったのですが、残りが2体になったならば話は別です。マキアス、エリオットに交代させて二人には即座にフォルトゥナを詠唱。ATS+50%状態のグランドプレスとアクアブリードで一気に殲滅してもらいます
 二人とも地言鈴と水言鈴で行動が速いのなんの。あっという間にセラフィムゲイトのHPをゴリゴリ削り――。

セラフィムゲイト戦トドメ前
セラフィムゲイト戦トドメ

セラフィムゲイト戦リザルト


 ご覧のありさまです。
 というわけで、以上、セラフィムゲイト15分クッキングでした







 
■番外編:オル・ガディア(一戦目) HP47160

オル・ガディア一回戦目

 イベント戦。リザルト画面が無いので好き放題やれますが、一応タクティカルボーナス意識してプレイしてます。
 リィンは自分にクロノドライブとメルティライズを掛け、あとはひたすら孤影斬。これで削り続けます。
 HPを半分まで減らしたところで、後半戦へ。



■三十八戦目:オル・ガディア(二戦目) HP23580/47160

《要注意TB》:ノーキュリア
         アイテムラヴァー
         トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


オル・ガディア二回戦目初期配置

オル・ガディア二回戦目トドメ前
オル・ガディア二回戦目トドメ


 遅延が通れば勝ち通らなかったら敗北濃厚。そんな戦い。
 ダメージソースは主にクロウのソウルブラー。クロスレイヴンでトドメ。
 クロウはクロノドライブを所持してるので、SPDアップ維持は彼にお任せ。なお、先輩はアクセサリーを装備していないので、ノーキュリアに注意

オル・ガディア二回戦目リザルト

 心強い先輩の正式加入は次の章まで待て!







■三十九戦目:ラウラ HP10555
          フィー HP8051


《要注意TB》:ノーダメージ
         ダブルキル
         トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


《追加AP条件》:①アイテムを使わずに勝利
           ②Sクラフトを発動させる(発動する)


四章実技テスト初期配置

四章実技テストトドメ前
四章実技テストトドメ

四章実技テストリザルト


 遅延耐性が50なので、妨害1&妨害2装備の孤影斬で完封できます
 ただ、フィーの回避率が高い点には注意。アクセサリーでリィンの命中率を上げておいた方が良さそうです。
 パートナーにマキアスを選出してますが、ぶっちゃけ適当です。帝都実習メンバーである点と、リンクポイントを上げておきたかったから、という一応の理由はあるのですが、正直誰を選んでも変わりはないと思います。
 マスタークオーツは、経験値を少しでも入れておきたいレイヴンとカノンの二つを優先。
 追加AP条件を逃さない為に、しっかり焔ノ太刀を発動させておきます。






四章実習前APランク


 というわけで、四章トールズ士官学院編でした。
 次から帝都実習に向かいます……というか、四章終わりまで一気に駆け抜けます。孤影斬万歳
 ではでは、ここまでお読み下さりありがとうございました。今回はこの辺で~。









関連記事
Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。