ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の軌跡、これまでの情報まとめ






 半年ほどブログを放置しておりましたが、何はともあれお久しぶりです。
 ツイッターにはほぼ毎日浮上してるんですがねっ!

 そんなこんなで、今回は記事タイトル通り、暁の軌跡についての情報整理となります。
 公式サイトや、ファルマガ等で公開された既存情報をまとめたり、私個人の予想や妄想をつらつら展開させて貰ったりと、まあツイッターで語ってた内容が大半になるんですが、とりあえず前置きはどうでも良いんでさっさといっちゃいましょう。








●暁の軌跡とは


 軌跡シリーズ10週年記念として動き始めた企画です。今2016年ですけどねっ!?
 ファルコムとUSERJOY JAPANによる共同開発で、プラットフォームはPCとなっております。UJJ GAMESの公式サイトを見る限り、どうやらブラウザゲームのようですね。
 このUSERJOY JAPANという会社ですけども、実は以前にもファルコムと関わりがあります。正確にはUserJoy Technologyという台湾の会社になりますが、こちらの会社が開発した幻想三国志というゲームの日本語版をリリースしたのが日本ファルコムです。元々、縁のある二社だったみたいですね。
 USERJOY JAPANの代表ゲームとして、『ロボットガールズZ ONLINE』、『燐光のレムリア』があります。名前自体は聞いたことがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 他、インタビュー等で近藤社長が語っていますが、暁の軌跡の開発には、もともと熱心なファルコムファンの方が関わっているようで、ファルコム側が忘れていた設定を盛り込んでくる、などのガチ勢っぷりを披露しているようです。
 また、軌跡シリーズを進めていくにあたり、どうしても描ききれない場所やエピソードが出てくるので、その答えの1つとして暁の軌跡を用意したみたいです。
 実際、ここら辺がどうなるかはリリースされてみないことには分かりませんが、私個人としては、これを聞いて期待値がぐんと上がりましたね。





●舞台や時系列について

 公式サイトを見れば一目瞭然ですが、はっきりと舞台の詳細が明言されていない那由多の軌跡と違って、暁の軌跡はゼムリア大陸を舞台としたゲームというのが既に明らかになっています。
 遊撃士や特務支援課といったシリーズプレイヤーに馴染み深い単語も見られてテンションマッハですな。
 舞台は、クロスベル自治州、リベール王国、そしてなんと、レミフェリア公国!

 レ ミ フ ェ リ ア 公 国 !!

 公式サイトの『ゲームの概要・世界設定』を見る限り、一番ピックアップされているのがレミフェリア公国なので、暁の軌跡のメインストーリーはレミフェリアになるのでは、というのが私個人の予想ですが、まあこれはサービス開始してのお楽しみでしょう。
 レミフェリア公国は、最先端の医療国家で、ルーシーさんやティオ、エオリアさんの故郷ですね。どのように描かれるのかワクワクもんです。没になったアルバート大公の顔グラは果たして再利用されるかどうか……!

 さてさて、ここまでは良いのですが、気になるのは時系列。一体、どの時期の話になるのでしょう?
 ここら、度々疑問する声を見かけるので、推測にはなりますがちょっと私の方で既存の情報を組み合わせてまとめてみます。

 まず、舞台となるのは『クロスベル自治州』です。クロスベル独立国、クロスベル国、などではありません。公式の表記が誤植でない限りは、自治州時代の話と見て良い筈です。
 ここから、少なくともディーターが独立国の大統領を宣言したあの日より前、つまり、七耀歴1204年10月24日以前なのは確定でしょう。
 ちなみに、これの裏付け情報として、ファルマガのみに公開されているプロローグ部分で IBCビル が健在しているのも確認できます。ここから、赤い星座がクロスベルを襲撃した日より前なのも確定ですね。

 次に、新キャラクターのリーヴさんの紹介文より、『《リベールの異変》やクロスベルで起こった《教団事件》の際、各地の混乱に乗じて株取引で大儲け~』の一文が見られます。
 クロスベルで起こった教団事件というのは、零の軌跡でロイド達が解決したあれでしょう。《リベールの異変》が教団事件の前に表記されてるあたり、時系列的に間違いないと思います。特務支援課の名前も出てることですしね。
 とすると、正確な日付は分かりませんが、教団事件が起こったのは七耀歴1204年の5月です。暁の軌跡の開始時期は、少なくともこれより後になる筈です。株取引で儲ける期間も考えると、6月以降、と考えても良いのではないでしょうか。
 七耀歴1204年の6月~10月。大雑把ですが、スタートはこのどこか、と私は予想しています。

 さらにもう少し絞り込んでいきましょう。
 公開されたゲーム画面の一部には、戦闘リザルトのスクショもありました。ナハトやクロエがそれぞれセプター、フォースのマスタークオーツを装備しているのを確認できます。
 閃の軌跡のARCUSはともかく、ロイド達の使用していたエニグマにマスタークオーツが採用されたのは、碧の軌跡の冒頭、時期で言えば七耀歴1204年8月頃となります(正確には、碧冒頭より少し前にバージョンアップを言い渡されてます)。
 マスタークオーツ入りの戦術オーブメントということは、ナハトやクロエもエニグマⅡを使用していると考えて良いでしょう。ただ、エプスタイン財団の戦術オーブメント開発ラインが複数あったり、ヴェルヌ社などの他社製戦術オーブメントなどが他に存在しない限りは、ですけども。
 ということは、暁の軌跡のスタートは8月~10月のどこか。ただ、10月スタートだと一月もしない内に赤い星座襲撃が始まり、西ゼムリアが慌ただしくなるので、それを考えると10月スタートも無い気がします。

 結論すると、七耀歴1204年の8月~9月上旬。この前後に物語が始まるのでは、というのが私の見立てとなります。





●確定している既存登場キャラクター


 暁の軌跡は、過去のキャラクターも多く参戦する模様です。
 これまで公開された情報で、登場が確定しているキャラクターは以下の通りで、


空の軌跡
エステル、シェラザード、アガット、アネラス、ジョゼット、キール

零・碧の軌跡
ミシェル、リン、エオリア、スコット、ヴェンツェル


 となってます。
 ナハトとクロエが遊撃士ということもあって、リベール、クロスベルの遊撃士組が先輩として登場しそうですね。
 登場は確定してませんが、エステルが出てヨシュアが出ない道理も無いでしょうし、クロスベル遊撃士協会を拠点とするならアリオスさんの登場だって大いに期待できるでしょう。
 中でも私が一番びっくりしたのが、ジョゼット&キールの参戦です。まさかのカプア特急便参戦。どう話に関わってくるか、楽しみで楽しみで仕方ありません。
 だってジョゼット、ボクっ娘ですもん!! ボクっ娘は大正義!!!! やったね暁の軌跡!!!!!!

 実は私が暁の軌跡に注目してる理由の一つがジョゼットの参戦です。ファンの方には失礼を承知で述べますが、カプア兄妹は人気的には真っ先にハブにされてもおかしくないポジションです。そんな彼女らを話に組み込んでくるあたり、暁の軌跡はキャラ人気やキャラ贔屓先行で物語を進めるわけではないようです。

 とはいえ、本当にストーリーが期待できるかどうかは、やはりサービスが開始されないことには何とも言えない状況ですけども。
 個人的には、キール、スコット、ヴェンツェルのクラフトが確認できるかもしれない、というだけでとてつもない価値を感じていますがね!





●戦闘システムについて


 スクショなどを見る限り、戦闘画面は従来の軌跡シリーズとほぼ変わりないような印象ですね。
 攻撃、クラフト、アーツ、Sクラフトが用意されており、戦闘画面右下にはS BREAK発動のコマンドも見えます。ブラウザゲームではありますが、シリーズプレイヤーであればすぐ馴染むのではないかなーと。
 私は少し触った程度ですが、USERJOY JAPANのリリースするゲーム自体、元々軌跡の戦闘システムと似た部分がありますからね。
 『交代』のコマンドが見えるので、パーティは4人以上編成できるものかと思われます。戦闘中の交代ができるのは嬉しいところ。
 他、マスタークオーツの装備が確認できますが、オーブメントシステムの詳細については続報に期待ですね。





●新キャラについて


 暁の軌跡のメインメンバーとして、公式サイトには5人の新キャラが公開されています。
 主人公コンビのナハトとクロエ、クロスベル警察所属のロナードとジリアン、そして謎の金髪美少女リーヴさん。
 これまでのシリーズと較べて、何とも異色なメンバーが揃った気がします。
 情報が少ない今、彼らについて予想できることは極僅かではありますが、色々気になることもあるので、ちょっと新キャラ語りといきます。私個人の妄想が多分に含まれる内容になることをご容赦下さい。




ナハト・ヴァイス

 出身国籍不明の少年。できる限り目立たないように、“平凡”第一に行動することを信条としている。遊撃士になってからは小さな依頼をコツコツと……と計画していたが、不幸にも真逆の性格をしたクロエとコンビを組まされることに。
 武器は導力銃が仕込まれたハルバード(斧槍)。斧槍術・銃撃の他、導力式の地雷を仕掛けたりと、準遊撃士でありながらかなり戦闘技術に長けている。どこかで戦闘訓練を受けていたのではと思われるが……。



 主人公、ナハト君です。
 気になるワードとしては、出身国不明・平凡第一、導力銃仕込みのハルバード、地雷、どこかで戦闘技術を受けていたのでは、などなど。
 ぶっちゃけ、この子、アレでしょう?

 猟兵ですよね!?

 でなければ、どこかの国の軍属だったか、ですが、まあ個人的には猟兵オーラをぷんぷん感じます。
 髪色が、北国に多いとされる銀髪であること、出身国が不明なこと、そしてもしかしたら元猟兵かもしれない、という要素を照らし合わせてみて、私は思いました。
 ひょっとして彼、ノーザンブリア生まれで《北の猟兵》出身なのではないか、と。
 まあそうなるとサラ教官と色々被るわけですが、逆に考えれば、被るが故にヴェンツェルあたりと会話の幅も広がりそうですし、可能性はあるんじゃないかな、と思ってます。



クロエ・バーネット

 リベール王国ルーアン地方出身の準遊撃士で、ナハトとコンビを組むことになる少女。正義感が強く、曲がったことが許せない性格。
 幼少の頃から親しんでいる騎士道物語の影響か、やや時代がかった言動をすることも。“リベールの異変”を解決した英雄たち(遊撃士)に憧れるあまり、ジェニス王立学園を退学し、両親の反対を押し切って自ら遊撃士になることを決意した。



 主人公? ヒロイン? 分かりませんが、クロエちゃんです。
 彼女の情報が公開された時、リベール出身の新キャラをここで出すのか、と少し驚きました。
 あからさまに曰くありげ、といったナハト君とは対照的に、クロエは後ろ暗い設定が何もない、The・一般人枠、といった感じですね。
 「これは大冒険が始まる予感です!」などの台詞から、若干トラブルメーカーというか、アホの子っぽい印象こそ受けますが、ジェニス王立学園に在籍していたことを考えると、学はかなりのものと思われます。戦闘・戦場以外の知識量であれば、ナハト君より上かもしれませんね。
 他、気になる点としては、イラストで構えている武器が刀であること。もしかしたらアネラスと何かしら関わりがあるかも? と密かに期待していたり。
 ちなみに、軌跡シリーズのメインキャラとしては珍しく、両親が健在してます。



リーヴ

 天使のような微笑みと悪魔よりも腹黒い野心を持つベンチャー企業“エルフェンテック”の若き社長。企業家であると同時に貴族的な考えも持っており、「ミラ(金)は使うもの、貯めるものではない」という信条の持ち主。
 商才というより博才があり、“リベールの異変”やクロスベルが起こった“教団事件”の際、各地の混乱に乗じて株取引で大儲けし、莫大な富を築き上げた。



 イエス! 金髪!! 美少女!!!!
 テンション上がるわけですが、投資家キャラがメインメンバーの一人というのは、軌跡シリーズでは新鮮ですね。
 ミラは使うもの(物理)、みたいなクラフトとかあるんでしょうか。ちょっとドキドキです。
 公式サイトでは公開されてない情報ですが、暁の軌跡は飛行艇を利用しての移動もあるようで、その飛行艇を提供してくれるのがどうやらリーヴさんのようです(プロローグで「船の完成はもう少しだけど」という台詞が載ってます)。
 正直なところ、暁の軌跡の新キャラ5人の中で、一番謎な人です。何が謎って、ファーストネームしか公開されてないのがもう謎です。ファミリーネームが、何か既存のキャラとの関係を示唆するようなものなのか、それとも別に謎なんて一切ない人なのか、何ともミステリアス。
 ちなみに彼女の名前、リーヴというのは、北欧神話でも登場する名です。まあ神話においてはリーヴは男性名で、女性名はリーヴスラシルなのですが。
 世界の破滅後にも生き残るよう定められた、という意味深な元ネタがある名前なので、さて、本編においてはどう転ぶものやら、と若干気になってます。



ロナード・グリフィン

 クロスベル警察、捜査一課に所属する上級捜査官。捜査のためなら手段を択ばない性格で時には暴力を振りかざしてしまうこともあるが、基本的には“罪を憎んで人を憎まず”の主義で、面倒見もそれほど悪くない。
 数年前に決行されたある教団の殲滅作戦後、残党勢力を洗い出すためにゼムリア大陸各地におもむき、遊撃士教会の“協力員”という形で単独捜査を続けていたのだが……。



 ま さ か の 捜 査 一 課 新 キ ャ ラ !!
 ダドリーと同じ部署の人ですってよ奥さん!? まさか零碧終了した今、捜査一課にネームドキャラが追加されるなんて、誰が想像できますか!?
 私が暁の軌跡に注目してる理由の一つが彼とジリアンさんの存在です。クロスベル警察の新キャラ、予想外過ぎて嬉しいサプライズです。
 遊撃士協会の“協力員”という立場で教団事件について捜査を続けてたようで、ナハト&クロエコンビともそういうノリでパーティ入りを果たすのでしょう。恐らく。
 他、特に気になるワードは無いですが、公式サイト未公開のプロローグ部分では、何故か彼はリベールのボース市に辿り着いてます。以前公開されたスクショの中に、ボース市のマップのもの(開発中なので当てにはなりませんが、レベル的に序盤でした)があったので、ナハト達ともそこで合流するのでは、というのが私の予想。
 しかしガイ然り、ダドリー然り、ロナード然り、捜査一課は熱血漢の集まりなんでしょうか



ジリアン・スカイ

 クロスベル警察のオペレーターで、ロナード捜査官の同僚兼お目付け役。正義感が強く、生真面目な性格のためか生まれもっての苦労人気質。
 導力ネット関連の犯罪を一手に引き受けたり、ロナードが各地で起こした事件の後処理に追われるなど、日々のストレスに悩まされている。



 捜査一課の新キャラのみならず、クロスベル警察オペレーターの新キャラとは(感涙
 多分、フランの先輩なのでしょう。彼女とは一緒にお昼御飯食べてたりするんだと思います。ええ、その構図は一瞬で妄想できました。ええ。そのイベントがあることを切に願います。ええ。可能性は低そうですが!
 ジリアンさんは先の4人と異なり、戦闘参加は無しで、フランのようにバックアップ担当かと思われます。導力ネット関連の技術に長けているっぽい紹介文から、意外と本編でも出番はありそう(?)
 リーヴさんを「悪徳社長」呼びする結構容赦無い人。







●暁の軌跡、というタイトルについて


 何故、今回のタイトルには暁の一字が使われたのか。
 まだ本編も始まってない今の段階から予想することではないかもしれませんが、一つだけ。
 主人公のナハト・ヴァイスの名前ですが、これはドイツ語でナハト=夜・ヴァイス=白の意味をそれぞれ持っています。
 夜が白む、とするならば、それは夜明けのこと。夜明けとは、暁です。
 つまり、暁の軌跡とは、ナハト・ヴァイスの軌跡を指すのではないかと、そんな説を思いついたのでここに挙げておきます。









 2016年発売! 本格稼働近し? というファルコムのツイートが4月下旬でした。
 近々、何かしら動きがあるかもしれません。暁の軌跡のティザーサイトがオープンしたのが、2014年の7月のこと。空EVO3rdの発売も7月ですし、7月は節目として、何かある筈です。あって下さい。お願いします!!
 ともあれまあ、現時点で公開されている情報と、そこから推察・妄想できるものとしてはこのくらいでしょうか。情報整理の一助となれたなら幸いです。




関連記事
スポンサーサイト
Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。