ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の軌跡と、創作関係の近況報告






久しぶりのブログ投稿です。
暁の軌跡のプレイ状況と簡単に感想とか、あと創作関係の近況報告とか、今回はそんな内容です。


☆6覚醒戦力チーム



イース8クリア以降、暁の軌跡も無事始まり……無事なのかこれは……OBTは楽しかったですが……いや過去のことはともあれ、色々とありましたが画像のとおりに☆6覚醒チームが完成するくらいまではまったりペースで楽しんでます。
オルランドツートップでひたすら殴り倒し、おこぼれをジョゼ子が狩り、ティオがメルティライズ始め諸々の支援担当です。ジョゼ子の能力が悲しいとか言ってはいけません。せめてオーバルボムくれ
良いクオーツが揃っておらず、使用アーツも貧弱ですが、極悪難易度のイベントには基本挑んでないので現状これで満足です。
現在分隊レベルは46です。ストーリーは最新まで追えてません。分隊経験値稼ぎがキツイです。超キツイです。何故こんな仕様にしたァ!!!!


あのですね、暁の軌跡、ストーリーもキャラも個人的に超アタリなんですよ……。試験班は皆可愛いし、既存キャラも満遍なく活躍していて、それどころか超細かい設定まで拾っているんですよね。ブラックエンペラーとか完全に忘れてましたよ自分。話運びも丁寧で、盛り上がるところはとことん盛り上がり、(一部サブクエ等はライターが違うのか残念な出来栄えですが)メインクエストは原作軌跡に負けず劣らずの完成度だと思います。
正直、ここまでのストーリーを見られるとは思ってませんでした。まだストーリーは途中ですが、現時点でも予想を遥かに超えた面白さです。ナハクロ可愛い

だというのに。

だというのにですよ。

何でこんなプレイが苦しい仕様にするかなぁ……。


ストーリーもキャラも推せますが、ゲーム自体は人に勧められない。私の暁の軌跡評はこれに尽きます。
軌跡ファンにこそプレイして貰いたいストーリーなのに、何とももどかしい心境です。
ちなみに暁オリジナルキャラで一番好きなのはアイリです。早くナハクロ2人と出会って貰いたい……!




で、ですね。皆さん、暁の軌跡がパラレルワールド、というお話を耳にしたことはあるでしょうか。
数ヶ月前、ファルマガの一節でそう紹介されていたところから一部騒がれてたこのお話。当然私も衝撃でしたよ。パラレルにするにはあまりに勿体無いストーリーなのですから。これを正史にしないなんてあり得ない。それくらい暁のストーリーは完成されてます。
何より、暁のストーリーが気になる、という理由でプレイを迷ってる人に対して、パラレルだからプレイしなくて良いぞで一蹴されるのがもう悲しくて悲しくて。
これが理由でこの数ヶ月ほど、私の軌跡二次創作モチベは底まで落ちてました。元からそんなに書けてないとか言わない

しかしながらこのパラレル問題、私の中ではユーザー側の勘違いだったということで解決しました。
TGS2016のインタビューにて、近藤社長は以下の質問を次のように答えてます。


Q:先日サービス開始された暁の軌跡は、軌跡シリーズの続編ですか?
A:もちろん、軌跡シリーズ10周年を記念する作品です。


Q:暁の軌跡キャラは本編でも登場しますか?
A:今のところ登場は決まってませんが、ユーザーの盛り上がり次第では検討します。




……だそうです。まあ2つ目の回答は完全にリップサービスですけど! 閃3での登場はあまり期待できそうにないっスねコレ
とはいえ、そもそもファルマガはファルコムが直接編集しているわけではないので、
パラレル表記自体が間違いだった(?)
パラレルワールドではなく、単純に『並行』の意味合いでパラレルという単語を使った(?)
真相はファルマガ担当のみぞ知るというところですが、超紛らわしい表記だったのは確かみたいですね……。
一応公式情報を取り扱ってる雑誌なのですから、こういうところはしっかり確認しておいて欲しいです。


というわけで、パラレル疑惑も晴れたことですし、今は諸々のモチベーションも復活。ぼちぼちまた何か支部に投下していこうかと思ってます。
ただ、リアル環境が変わってしまいまして、ぶっちゃけ今年も全然書き上げられそうにありませんorz
『選ばれなかった灰色の戦記』という続きモノのお話も投稿してたのですが、長らく更新が止まってしまったので今は未公開とさせて貰ってます。いつか更新した際にまた公開したいものですが、いつになるやら……。




関連記事
スポンサーサイト
Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。