ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:ノルド編その2





■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)





 日は替わって、ノルド実習も後半戦。
 アリサがSクラフトのロゼッタアローを習得しますが、彼女はセントアライブやアーツ役として運用した方が大変優秀なので、まず使う機会はないです。ダメ押しの一発に加勢できるようになるのは心強いですが。
 今回は3戦。まずはあの子との邂逅です。





■三十一戦目:ミリアム HP24235

《要注意TB》:トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


《使用技》  :通常攻撃(小円範囲)
         バスターアーム(中円範囲 駆動解除 気絶付与)
         ライアットビーム(直線攻撃 STRダウン付与)
         アルティウムバリア(物理完全防御付与)



ミリアムちゃん決まったァ――!

 ミリアムちゃん渾身のカッコイイポーズ! かわいい!!
 などと私の趣味はさて置いて、ミリアム戦です。
 たった一人だけなので、怖い相手ではありません。可愛いです。気絶とSTRダウン対策さえしていればノーキュリアの心配もありませんし、楽勝です。
 ミリアムは近くの相手を優先的に攻撃するAIのようなので、ガイウスを囮として突貫させてます。トリプルカウンターのことを考えるならリィンかユーシスを壁役にするべきなのですが、どうせ短期決戦です。三度回避する前に決着を着けちゃいましょう。
 回復しつつ、リィンとガイウスのSクラでガツンと削ります

vsミリアムちゃんトドメ前
vsミリアムちゃんトドメ

vsミリアムちゃんリザルト

 こんな感じで、危なげなく突破。
 この戦闘の後から、ミリアムがパーティに加わりますライアットビームを何故忘れるのです!?
 レベルはなんと33。ガイウスやアリサと10も差があります。所持しているマスタークオーツイージスの効果もかなり強力で、Sクラフトの威力は最上位のSSS
 これは大変心強い味方……なので。
 ちょっと迷ったのですが、ミリアムの運用は縛る事にしました。彼女は装備の変更が出来ず、オーブメント縛り条件を適用できないからです。
 そんな事言ったら4章のクロウはどうなんだって話なんですがね!
 ミリアムの場合は、5章から正式に7組に加わりますし、今の段階だとあまりにも強力過ぎるかなーと思ったのでひとまず縛ることにしました。
 しかし、この縛りをすぐに解禁することになろうとは、この時の私は知る由も無かったのです……。





■三十二戦目:ストーンゴーレム HP41631

《要注意TB》:トリプルカウンター
         アイテムラヴァー
         オーバーキル
         ダブルリンク


《使用技》  :通常攻撃(小円範囲)
         大激震(全体攻撃)



 HP高い! 防御固い! 状態異常も全然効かない!

 三重苦揃った耐久お化け、ストーンゴーレム戦になります。
 まともにダメージを通そうとするなら、防御力を無視できるSクラが有効です。が、それでもこのHPを削り切るのは長い道のりとなります。炎傷や気絶にも完全耐性があるので、コツコツ地道にダメージを重ねて行くしかありません。
 とにかく注意したいのは一発の重さ。ストーンゴーレムは、ガイウスですら確定2発で沈んでしまうほどの攻撃力を持っています。おまけにスピードだって馬鹿にはなりません。クロノドライブで強化していなければ、ディレイによっては二回行動される可能性だってあります
 その速度と破壊力から放たれる全体攻撃の恐ろしさたるや、一手でも気を緩めればたちまち全滅に追い込まれてしまいます。
 使用技は少なく、搦め手を使ってくるボスではありませんが、シンプルに強いです。まさにステータスの暴力と言えましょう。
 そしてもう一つ、AIにも特徴を見つけたので触れておきます。
 恐らくグルノージャもそうなのですが、このストーンゴーレム、攻撃目標は、通常攻撃範囲に複数入る対象を優先するという設定がなされているようです。ストーンゴーレムが攻撃する際、2人以上同時に巻き込める対象がいるなら、どんなに離れていようと(攻撃が届かなくても)そちらを優先してターゲットに取るみたいですね。
 ストーンゴーレムの通常攻撃は小円範囲。この範囲内に味方が固まらなければ、ボスは一番近くの相手を攻撃するようです。(正確には、最後にターゲットに取った対象を延々と攻撃し続ける?)
 これを利用してボスを無駄に歩かせたり、画面端から端へと誘導することができます。とはいえ、定期的に飛んでくる全体攻撃が強力なので、この戦法はあまり意味がありません(立て直しに時間が掛かるので)。誰か一人を囮にさせておく方が安定します。
 というわけで、ガイウスに囮になってもらいます。カウンターが怖いですが、一番耐久力があるのも彼なのです。ボスの凄まじい攻撃を凌ぐ壁役として適任です。
 そして他の3人は、ボスの通常攻撃範囲内に収まらないよう位置を調整しつつ固まります。クロノドライブでまとめてSPD上昇できるようにする為です。スピードさえ上がってしまえば、ボスの攻撃に回復が追いつくようになるので、行動選択さえ間違えなければ全滅は防げます。
 あとはメルティライズやセントアライブ等を駆使してCPを補給し、Sクラで地道にボスのHPを削っていきます。HPヒールだけは絶対に取らせないように

ストーンゴーレム戦トドメ前

 この局面、削りに削り切ってここまで来ました。恐らく直前にエマがセレネスブレスでリィンのCPを補給しています。
 けどまあ、流石にこのHP残量ならユーシスのSクラで削り切れるでしょう。↓


ストーンゴーレム戦トドメ選択

 固あああああい! 固いよ! まだ倒れないのか!

 直前のセレネスブレスの移動で、エマとユーシスがボスの通常攻撃範囲内に入ったようです。目の前のガイウスを見向きもせずに、ストーンゴーレムは真っ直ぐユーシス達の方へと向かってきます。
 ですが、何とか間にリィンが割り込めました。この一手でジ・エンドです。


ストーンゴーレム戦トドメ

ストーンゴレーム戦リザルト

 Sクラだとオーバーキル条件に抵触すると判断し、ソウルブラーでトドメ。ダメージ足りて良かった……。
 途中までエマじゃなくてアリサを運用してた筈なのですが、どうして交代したのでしょうね(ド忘れ
 ともあれ、ここまで敵AIの行動基準が明確な一戦というのも珍しく、詰将棋感覚で戦えました。EPが底を尽きるのが怖かったですが。
 ちなみに、全体攻撃の大激震は一定ターン行動毎に放ってくるので、連続使用されて全滅する心配はありません。こういうところもグルノージャとそっくりですね。




■三十三戦目:ディグレム×3

《要注意TB》:ダブル~トリプルキル
         オーバーキル
         ダブルリンク


ディグレム戦構成

 画像の通り、この戦闘ではATボーナスにデスやバニッシュが流れてきます。デスはアクセで対策出来ますが、バニッシュはどうにもならないので、うっかり敵に取られないよう注意が必要です。
 気に留めておくことはそれくらいでしょうか。ディグレム自体は状態異常がよく通り、おまけに時属性の有効率が200なのでソウルブラーが恐ろしいほど効きます。効きまくります。連射あるのみです。ついでに即死も通るのでデスも奪ってヤっちゃいましょう。
 ただし、バニッシュで敵を倒すのはNGです。経験値を貰えなくなるので。


ディグレム戦トドメ前
ディグレム戦トドメ

ディグレム戦リザルト

 おおぅ、クリティカルとはいえ、リィンのソウルブラーで2000オーバーとは。
 これで気絶付与も有り、ディレイが最短なんですから、時属性弱点の敵には同情するしかありませんな。




 さて、今回はここまでです。残すは2戦、ギデオン→蜘蛛の連戦になるので、ここでしっかり準備を整えておきます。
 通常プレイではそんなに苦戦しなかったボスですし、まあどうにかるでしょうなると思ってたんですよ。嫌な予感はあったんですけどね? それでも行けるんじゃないかなーって、思ってたわけでありましt(ry





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。