ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクティカルボーナス1.0縛り・アナライズボーナス対策について



すっかり更新の止まってる閃の軌跡縛りプレイですが、ここに来て新たな情報を手に入れましたので改めて。
タクティカルボーナス1.0縛りを始めるにつき、私は『アナライズ』ボーナスの対策の為、魔獣手帳を全て取得したデータを引き継いでプレイを開始しました。
ここで一応、アナライズボーナスの取得条件に関して、最初の記事でも説明していたのでそちらから引用をば。

・アナライズ:「情報解析」効果を持つアーツ・クラフト・アイテムを使う(敵1種につき1度だけ取得)

 条件を見る限りは、ディフェクター、バトルスコープ、アナライズを使用して解析したら取得できるボーナスのように思えますが、実は攻撃を加え続けるだけでも敵の情報は徐々に開示されていき、全ての情報を解析したタイミングで『アナライズ』のボーナスは付いてしまいます。(説明書より)
 これをプレイングで防ぐことは不可能なので、あらかじめ全ての敵が解析された状態の手帳を引き継ぐことで回避します。
 よって、このボーナスは無いものとして扱います。


これです。プレイングで防ぐことは不可能と断言してしまったのですが、実はこれ、抜け道があることをaka様が発見してくださいました。


aka様閃の軌跡Ⅱの縛りプレイ、ゆっくり実況動画を投稿してらっしゃる方。完結済み。とても見やすいのでお勧め。


新たに見つかったアナライズボーナスへの対策についてですが、方法は至って簡単。『情報解析していない敵に対してアナライズした後、わざと全滅してリトライする』、これだけです。
リトライを経ることで、取得したボーナスの状況は全てリセットされます。しかし全滅前にアナライズしていれば、敵の情報は取得したままで戦闘再開となり、リトライ後はアナライズボーナスを取得することが一切なくなるのです

今まで、タクティカルボーナス1.0縛りは『コンプリートした魔獣手帳を引き継ぐ』という前提条件があったせいで人に勧めづらかったのですが、この抜け道が発見されたことで、手帳を引き継がなくても良いということが分かりました。
プレイを始める為の敷居がグッと下がったので、安心して人に勧められる手軽な縛り条件へと様変わりしました。aka様、素晴らしい発見をありがとうございました(平伏

というわけで、皆さんもタクティカルボーナス1.0&マスタークオーツ・主属性副属性スロットのみ縛り、始めてみましょう! 楽しいですよ!!
……その前に私も閃1のプレイをちまちま再開しないとですね(白目


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。