ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:ルーレ編その2







■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)



ゼリカ先輩加入!


 と頼もしいお言葉を頂き、アンゼリカさんがパーティインしてくれることになりました。
 直線遅延、90%で気絶時スロット持ちと、とても頼りになるお方です。
 そんなわけで、占拠されたザクセン鉄鋼山を解放するべく、地下連絡道から侵入……する前に。
 今回、最奥に控えるボスには遅延が通りません。流石に苦戦は必至かと思ったので、奮発して装備を整えることにしました。オムレツ錬金はしてませんが(汗

 まず、Uマテリアルを消費して、アンゼリカとクロウ以外の装備を強化。
 その次に、バリアハートで購入したグリーンペンデュラム、イエローペンデュラムをそれぞれ交換して、エヴァーグリーンとディープオーカーを入手。(イエローペンデュラムは1個足りなかったので、雑貨屋で買い足します
 最後に、セラフィムリングをレアバージョンに交換。メルティライズも一つレアバージョンに強化しておきます。ついでに金言鈴も交換してもらいます。

 と、こんなところでしょうか。終章で苦戦する予定はないので、ミラやUマテリアルはここで使い切ってしまって良いかもしれません。
 では、準備が整ったので攻略へと繰り出します。







■七十八戦目:ファランクスJ9 ×4
          トライアタッカーR2 ×2 トライアタッカーHG ×2


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その1 敵構成

ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その1 トドメ前
ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その1 トドメ

ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その1 リザルト

 ラグナヴォルテクスR入りの宝箱魔獣戦。







■七十九戦目:B・ゼフィランサス×2 HP59605

《要注意TB》:ノーダメージ
         オーバーキル
         ダブルリンク


vsB・ゼフィランサス

vsB・ゼフィランサス 一体目撃破前
vsB・ゼフィランサス 一体目撃破
vsB・ゼフィランサス 二体目撃破前
vsB・ゼフィランサス 二体目撃破

vsB・ゼフィランサス リザルト

 遅延が通るのが悪い(コエイザンザシュー
 この戦闘の後のイベントで、クロウがパーティから離脱します。遅延役として頼りになる先輩でしたが、アンゼリカ先輩も時スロット持ちなので大丈夫です。というより、ザクセン鉄鋼山ではボス以外遅延が百パーセント通るので、妨害クオーツを装備しなくても遅延戦法は安定します。







■八十戦目:マグマドローメ×8

《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         ノーダメージ
         トリプルキャンセル
         オーバーキル
         ダブルリンク


ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その2 敵構成

ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その2 トドメ前
ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その2 トドメ

ザクセン鉄鋼山宝箱魔獣戦その2 リザルト

 グランシュトロームRの入った宝箱魔獣戦。
 孤影斬+レイザーバレットで試合終了です。






 さて、次の戦闘でこの六章も大詰め。ヴァルカンとCの二連戦になります。初見時はネームドキャラの連戦に「マジかよ……」となったプレイヤーも多いのでは無いでしょうか。
 特に2戦目のCが遅延耐性0の強敵なので、苦戦を強いられそうです。その前哨戦のヴァルカンですら、遅延耐性10という
 これは遅延戦法は完全に捨てる方向で戦術を取った方が良いかなーと思ったのですが……
 とりあえず何度か挑んで試してみた結果、装備構成は以下の通りに落ち着きました。各キャラの行動指針も合わせて紹介タイムと参ります。



V&C戦装備(リィン・アリサ)
V&C戦装備(フィー・アンゼリカ)
V&C戦装備(マキアス・エリオット)

V&C戦オーブメント(リィン・アリサ・フィー)
V&C戦オーブメント(アンゼリカ・マキアス・エリオット)



リィン Lv47 役割:遅延役&クロノドライブ・メルティライズ役

MQ:レイヴン……SPD特化。クロノドライブを習得
 時:妨害2……対ヴァルカン用装備。遅延確率引き上げ
 火:メルティライズR……メルティライズ習得。HPを微量アップ
 時:妨害1……遅延確率引き上げ


武器:影一文字……SPD+5回避率+10%
防具:金糸の帷子……回避率+10%
  靴:ジェネラルブーツ……回避率+5%
アクセサリ:すっきりバンダナ……回避率+5%
        エヴァーグリーン……SPD+5回避率+10%、命中率+50%、気絶防止


・ヴァルカン戦、C戦ともに、アリサから心眼を受け取り敵の攻撃を極力回避する(心眼状態で回避率90%)
ヴァルカン戦では孤影斬を連打。取り巻きともども遅延させて敵の動きを封じる
・C戦ではゼフィランサスの動きを遅延で封じつつ、補助アーツで味方を支援
・余裕があれば、激励を使用して味方のSTRを強化
他のキャラよりレベルが一回り低いが、アリサやフィーよりは耐久力がある




アリサ Lv54→55 役割:CP管理&アダマスシールド役

MQ:イージス……アダマスシールドを習得アビリティの物理防御効果で敵の攻撃を凌ぐ
 火:メルティライズR……メルティライズ習得。HP微量アップ
 空:省EP2……アーツのEP消費量を抑え、継戦能力を上げる
 火:火言鈴……メルティライズの硬直を半減し、行動の効率化を図る


武器:プラチナボルト……SPD+7
防具:オーラジャケット……防御力の値が最高。他の面子は心眼で回避するので防御力はアリサに
  靴:金糸の靴……SPD+5
アクセサリ:アビスシャドウ……SPD+15
        闘魂ベルト……ヘヴンズギフト、セントアライブ用のCPを確保する為


ヘヴンズギフトでリィン、フィー、アンゼリカの回避トリオに心眼&CPヒールを付与するのが主な役目
・自身にメルティライズを唱え、ヘヴンズギフト&セントアライブ用のCPを確保
・CPヒールが味方に行き届いていれば、セントアライブを使用してSクラサイクルを加速
・余裕が出来次第、敵のSクラフトから身を守るためにアダマスシールドを張っておく
・EPヒールボーナスは出来れば取得しておきたいが、無理のある行動は厳禁




フィー Lv54→55 役割:Sクラアタッカー

MQ:サイファー……ソウルブラーを習得。能力低下アビリティにも期待
 風:回避1……回避率+5%
 風:回避2……回避率+10%
 時:行動力3……SPD底上げ


武器:アヴェンジャー……クエストで貰える武器ではなく、Uマテ強化武器を選択。SPD+5回避率+10%
防具:金糸の帷子……回避率+10%
  靴:金糸の靴……SPD+5
アクセサリ:エヴァーグリーン……SPD+5回避率+10%、命中率+50%、気絶防止
        ディープオーカー……SPD+5、封技防止


・フィーは、素の能力で5%の絶対回避率を最初から持っているので回避率50%に到達しやすい
心眼をもらえば回避率100%Sクラフト、スパークスフィア以外の攻撃は完全に回避できる
・スカッドリッパーやソウルブラーで敵の気絶を狙いつつ、Sクラフトで攻撃
・サイファーの能力低下アビリティも積極的に狙って行ける
・C戦ではソウルブラーをCにぶつけて彼の気絶を狙う




アンゼリカ Lv61 役割:気絶役

MQ:エンブレム……装備固定。ステータス補正が高くシャイニングやダークマターを習得
 時:韋駄天珠……SPD大幅上昇クロノドライブ&クロノバースト習得
 空:麒麟牙……STRダウンとDEFダウンを同時に狙う耐久力を取るならセラフィムリングRの方が有効
 空:シャイニングR……回避率+5%命中率+50%


武器:プラチナフィスト……回避率+10%
防具:金糸の帷子……回避率+10%
  靴:ジェネラルブーツ……回避率+5%
アクセサリ:ディープオーカー……SPD+5、封技防止
        エヴァーグリーン……SPD+5回避率+10%、命中率+50%、気絶防止


アリサから心眼を貰えば回避率95%。よほど運が悪くなければ大抵の攻撃は回避する
V戦ではクロノドライブで補助をしつつレイザーバレットで応戦。ヴァルカンにも意外と遅延は通ったりする
 ・このレイザーバレットで、麒麟牙のSTR・DEFダウンも同時に狙う
・敵の位置関係が悪ければダークマターで調整ヴァルカンはノックバック無効。吸引できないことに注意
・二戦目は、ゼロ・インパクトでCの気絶を狙い、行動を封じる
 ・クロノバーストを積極的に使用し、気絶を畳み掛ける。EPチャージもクロノバースト用に1~2個使用する
STRダウン状態なら、Sクラにも耐えられるかも……?(未確認




マキアス Lv55 役割:身代わりシールド役

MQ:エンゼル……Lv3。シャイニングを習得
 幻:EP2……EP値底上げ
 地:金剛盾……アダマスシールド習得
 地:地言鈴……アダマスシールドの硬直時間を短縮


武器:フレアサイクロン……SPD+5
防具:ジェネラルマント……とりあえずDEF重視装備
  靴:金糸の靴……SPD+5
アクセサリ:ソーディバッジ……SPD+3
        獅子心勇士章……SPD+5


・基本は控えで待機。味方が死にそうになった時に交代し、エンゼルの起死回生効果を利用してボスの一撃を受け切る
・アリサのEP消費を抑える為、状況によってはマキアスがアダマスシールドを唱える
・余裕があればエナジーシェルで味方のEPを回復する
・バーストドライブは覚えていない
・役目が終わり次第、すぐにメインメンバーに交代させるので、状態異常防止のアクセサリーは装備していない




エリオット Lv54→55 役割:緊急回復役

MQ:カノン……ティア系統アーツを習得
 空:セラフィムリングR……EP値を底上げセラフィムリングを習得。これ一発で立て直せるので安心度が増す
 水:水言鈴……ティア系統アーツの硬直を短縮。回復サイクルを速める
 空:金言鈴……すぐに交代したい為、セラフィムリングの硬直を短縮


武器:オープンデルタ……SPD+5
防具:ジェネラルマント……とりあえずDEF重視装備
  靴:金糸の靴……SPD+5
アクセサリ:ソーディバッジ……SPD+3
        こばしりみっしぃ……SPD+5


・基本は控えで待機。Sクラやスパークスフィアでパーティが事故死してしまった時、戦域に投入セラフィムリングで一気に立て直す
・カノン&水言鈴で味方を高速回復
・役目が終わり次第、すぐにメインメンバーに交代させるので、状態異常防止のアクセサリーは装備していない
・装備を整えたはいいが、実は出番無し(まあ、彼が後ろに控えているおかげで多少無茶できるようになるので無意味ではないです



▼陣形

V&C戦陣形

 リィン、フィー、アンゼリカを固めておくことで、敵の攻撃を誘う
 3人はアリサのヘブンズギフトを受け取れば回避の鬼と化すので、これだけでほぼ敵の攻撃を無力化できる。
 陣形の関係上、アリサがクロノドライブによるSPDバフを受け取りにくいのが難点だが、彼女が戦闘不能になると一気に状況が崩れるので3人からは位置を離しておく。




 こんな感じになりました。遅延戦法は完全には捨てない方向で挑みます。理由はヴァルカン戦で。
 とりあえず、以上の装備構成・戦闘指針を踏まえていざ戦闘開始です。




■八十一戦目:V-ヴァルカン HP169723
          帝国解放戦線・小銃×2 帝国解放戦線・剣


《要注意TB》:アイテムラヴァー
         ダブル~トリプルキル
         トリプルカウンター
         オーバーキル
         ダブルリンク


《要注意技》 :ヴァルカン
          ・ドレッドバスター(広範囲技でアリサが巻き込まれやすい)
          ・ウォークライ(STR・DEF+50% すごく固くなるので面倒)
          ・デストラクトキャノン(Sクラ、当たると死ぬ)


vsヴァルカン 敵構成

 猟兵団アルンガルムの元団長、ヴァルカン率いる帝国解放戦線の一隊との真っ向勝負。
 取り巻きの兵士は強敵判定ですが、遅延が確実に通るので、孤影斬やレイザーバレットで無力化できます
 問題はやはりヴァルカンでしょう。彼はSクラフトや広範囲のクラフトを持ち、ウォークライなどという強化技まで使用して来る、とても前哨戦とは思えないくらいに厄介なボスです。
 何と言っても、遅延耐性がたったの10。いくら妨害装備で遅延に特化しても、遅延させ続けるというのは流石に無理なのでは……と、挑む前は思っていたのですが

vsヴァルカン 遅延画像

 なぁにコレ(DELAY196の数字を凝視しながら)

 実は、最初に挑んだ時も、妨害装備を付けてないにも関わらず、リィンの孤影斬で遅延がポンポン通ったんですよ。
 流石にその戦闘でハメ続けることはできませんでしたが、 『こんなに通るなら妨害装備付ければ完封できるのでは……?』 と思い直し、装備を変えてみればご覧の有様です
 戦闘手帳では遅延耐性10となってますが、これ実際には20なのではないかなーと思ったり。あくまで体感なのでアテにはならないですが
 ともあれ、ここまで遅延が通るなら、彼のSクラだって怖くはありません。リィンとアンゼリカで遅延を通しつつ、フィーのSクラでちまちま削っていけば――

vsヴァルカン トドメ前
vsヴァルカン トドメ

vsヴァルカン リザルト

 余裕をもって撃破。
 次戦に備えて、全員のCPを200まで溜めてトドメ。HPとEPは次の戦闘前には完全回復する仕様らしいので、ヴァルカン戦は消耗を気にせず戦えます。







■八十二戦目:《C》 HP131000
           NT-I HP1310
          G・ゼフィランサス×2 HP60915


《要注意TB》:ダブル~アラウンドキル
         トリプルカウンター
         アイテムラヴァー
         トリプルキャンセル
         ノーキュリア
         リベンジャー
         オーバーキル
         ダブルリンク


《要注意技》 :《C》
          ・スパークスフィア(攻撃判定複数 小or中円範囲 必中攻撃 気絶付与)
          ・デッドリークロス(Sクラ 当たると多分死ぬ)


vs《C》 敵構成
※アナライズし忘れた過去の遺産がここに

 装備構成の欄でもC戦について少し触れましたが、Cには遅延が通らないので代わりに気絶を狙いに行きます
 Cの気絶耐性は50なので、割とよく気絶します。アンゼリカのゼロ・インパクトならほぼ5割で黙らせることができます
 仮に気絶が失敗しても、アリサからヘヴンズギフトを貰った状態の3人ならスパークスフィア以外の通常クラフトは全て避けてくれます位置取りによってはカウンターが発動してしまうので注意は必要ですが
 問題は、必中攻撃の『スパークスフィア』です。NT-I の設置に一ターン使い、その次のCの行動で発動されるこの技は、閃の軌跡のボスが使用するものとしては珍しい、多段ヒット技です。
 状況によっては、NT-I 三個分以上の爆発を一度に喰らってしまい、一気に戦闘不能まで追いやられることも
 必中攻撃なので避けられませんしアダマスシールドを張っていても防げるのは爆発一個分のみしかも設置から発動までのディレイが極端に短くダブル~アラウンドキルボーナスが邪魔で爆弾処理も間に合いません。ついでにHPも極端に低いので、下手をすればオーバーキルボーナスを取ってしまう事も
 正直、厄介極まりない攻撃なので、使われない事を祈るのみです。もしもNT-I を設置されたら、移動するなりCを気絶させるなりで出来る限り対処し、悪あがきしておきます。生きるのを諦めないで!
 取り巻きのゼフィランサスですが、こいつらはリィンの孤影斬で封じます。ただ、過剰な遅延の重ねがけはせず、ディレイ60~80前後で泳がせておくのが良さそうです
 理由としては、戦闘不能者の蘇生後のディレイについてです。セラフィムリングなどで戦闘不能を解除した際、復活したキャラはどうやらディレイの一番遅いユニットの後にATバーが組み込まれるらしい……?(ここら辺、精査してないので詳しいデータは掴めてません)
 なので、遅延を重ねすぎた敵ユニットが居ると、せっかくセラフィムリングで復活させても延々と行動できず、棒立ちになってしまいかねません。以上の理由から、ゼフィランサスの遅延量もほどほどに抑えておこうって感じです。スパークスフィアやデッドリークロスによる不慮の事故がありますからね

vs《C》 ゼフィランサス一体目撃破

vs《C》 タイマンゼリカさんの巻

 こんな風に、アンゼリカにはゼロ・インパクトでCを殴りに行かせてます。
 後衛組との距離が離れてしまい、クロノドライブの範囲内に収められないのが少々やりにくいですが、Cを気絶できなければ一気にこちらが危うくなるので仕方ありません。どうにかリィンのクロノドライブで上手くSPDを維持できれば……。
 ちなみに、フィーのソウルブラーで気絶が決まれば行動に余裕ができるので、その場合はアンゼリカ自身がクロノドライブを唱えるのも選択肢として有りです。
 ゼフィランサスを一体残してCを倒しに行ってますが、Cさえ倒してしまえばあとは遅延ハメが出来ます。ならば、とにかく少しでも早くパーティの安全を確保する為、Cの撃破を急ぎます(最初からゼフィランサス放置のC狙いで良かったかもしれませんが、まあ遅延管理が面倒ですし)


vs《C》 トドメ前画像その1
vs《C》 トドメ前画像その2

 ようやく撃破圏内が見えました。ちょうどクリティカルボーナスも見えてるので、ここで決着をつけにいきます。
 ATバーの順に選択した行動を列挙しますと、

アリサ:セントアライブをフィーに。フィーのCP+40
フィー:CPボーナスで10回復。ソウルブラーを選択してCPヒールで20回復フィーのCP+40(ソウルブラー込み
リィン:激励を選択。フィーのSTRを上昇フィーのCP+10
フィー:Cに通常攻撃。フィーのCP+30
アンゼリカ:Sブレイクでクリティカルボーナスに割り込み
フィー:Sブレイクで割り込んでトドメ


vs《C》 アンゼリカSクラ前
vs《C》 フィーSクラ前
vs《C》 C撃破

 綺麗に撃破できました!

 フィーのCPがすっからかんだったのですが、セントアライブやCPヒールを駆使すればこの短いターンで一気に100以上まで持っていけます。
 リィンの激励でSTRを強化することで、乱数で生き残る可能性を完全に排除し、安全にトドメ。
 あとは残った木偶の棒ゼフィランサス君を倒せば勝利です。

vs《C》 ゼフィランサス二体目撃破前
vs《C》 ゼフィランサス二体目撃破

vs《C》 リザルト
エンゼルレベルアップ!
リミットサイクロン習得

 びくとりー!!(ミリアムの幻聴

 タクティカルボーナス1.0に抑えても、経験値量がMAX9999とは……
 常にスパークスフィアやデッドリークロスに怯えながら戦わなければならない為、大変スリルのあるバトルでした。面白かったです。
 運が良かったのか、この戦法自体が割と安定するだけなのか、リトライ回数は2、3回と少な目で済みました。
 エンゼルのレベルが4にアップ。起死回生の効果が恐ろしいことになっております。
 リミットサイクロンは……もう少し早く覚えてくれると嬉しかったなぁ!!






エンブレム取得
六章AP評価
六章評価S画像


 というわけで、六章もこれにて終了。最後の最後で歯ごたえのある戦闘を楽しめました
 次からとうとう終章です。終章なのですが、実質この縛りの最後のボスは《C》になりそうです……
 とりあえず理由は次の記事にて説明致しましょう。今回はこれにて失礼します。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。