ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【閃の軌跡】タクティカルボーナス1.0縛り:クオーツ関連のあれこれ







■縛り内容

・タクティカルボーナス1.0で戦闘勝利する
・オーブメントの装備は、マスタークォーツ・主属性スロ2・副属性スロ1の計4つまでとする。
・雑魚狩りしての経験値稼ぎは禁止(ただし、宝箱魔獣との戦闘は可)

・取得APの最大値を目指し、各章評価Sを貰う

※難易度ナイトメア・手帳を引き継いだ2週目でプレイ開始。
 引き継いだ釣りポイントや料理アイテムの利用は不可。2週目からのデータで取得したものはアリ。(釣りの交換景品、料理アイテムは最速取得タイミングから順に解禁)





 今回の縛りプレイでは、タクティカルボーナス1.0の他に、オーブメント関連にも縛りを課してます。
 誰もがソウルブラーやティアなどの便利なアーツを使えるようになると一気に難易度がヌルくなる、という私個人の考えから加えた縛りでもあります。
 装備できるスロットを属性縛りスロットに限定したのは、条件として線引きがしやすいものだったからというのが第一の理由ですが、そのキャラクター個人の特徴がさらに際立ってくれるのではないかなという遊び心も込みです。
 ともあれ、今回の記事で語らせて貰いたいのは、この縛り下における戦術オーブメント事情について。
 本縛りプレイを振り返ってみて、お世話になったマスタークオーツ、育てておくべきだったマスタークオーツ、頻繁にセットしていたクオーツなどなどを、属性毎にまとめて参りたいと思います。
 では、早速いってみましょう。






地属性


イージス 最終到達Lv4

HP :C  EP :C
STR:B  DEF:A
ATS:B  ADF:S
SPD:C
※ステータス補正の値は六段階で設定されており、ここではS~Eで評価

【所持アーツ】:ニードルショット
          アースグロウ
          ラ・クレスト
          アダマスシールド


【アビリティ】:★戦闘開始時に「物理防御・魔法反射」
         ★ピンチ時に「物理防御・魔法反射」
          HP20%以下で発動(戦闘中1度)


[諸々雑感]

・地属性で唯一採用されたマスタークオーツ
・全てのステータス補正が基本的に平均値以上なので安定感がある
・アビリティの物理防御・魔法反射効果で、強力な敵の攻撃を一度だけ(Lv4以降ならピンチ時にもう一回)防げるのは大きい
・Lv4でアダマスシールドを習得。敵のSクラから味方を守るのに貢献
・ヘヴンズギフト、セントアライブの効果対象にならないアリサに装備する機会が多かった




●クオーツ  主:マキアス 副:ガイウス、ミリアム


▼豊穣/アースグロウR

アースグロウを習得しつつ、HP+200と微量だが耐久面も強化できる
・豊穣はグランドプレスも習得できる。セラフィムゲイト戦で活躍
・他に装備候補が無ければとりあえずこれをセットしておけば間違いない


アダマスシールドR/アダマスシールド/金剛盾

・強力な地属性補助アーツ、アダマスシールドを習得できるクオーツ
・アダマスシールドRは、HP+500と耐久面も底上げできる。打たれ弱いミリアムには嬉しい
・金剛盾はクレセントミラーも習得できるが、優先度はアダマスシールドRの方が上


▼地言鈴

・地属性アーツの硬直を短縮できる
・ほぼマキアス専用装備


▼石化の刃/玄武刃

・強力な石化状態を引き起こす刃系クオーツ
・特に三章、パトリック戦を突破する際に活躍







水属性


カノン 最終到達Lv4

HP :D  EP :B
STR:D  DEF:D
ATS:A  ADF:B
SPD:E

【所持アーツ】:ティア
          アクアブリード
          ティアラ
          ハイドロカノン
          ティアラル


【アビリティ】:★HP回復アーツの効果アップ
          回復量2倍

         ★戦闘開始時に「HP徐々に回復」
          4ターンの間、HP30%回復


[諸々雑感]

唯一、ティア系統のアーツを習得するマスタークオーツ
EP、ATS、ADF以外のステータス補正の値が絶望的に低い。アーツ使い向き
・回復量増加のアビリティのおかげで、ティアでも十分な回復ができる
・Lv3以降、戦闘開始時にHPヒールが付与されるおかげで敵の攻撃を凌ぎやすい
水言鈴とのコンボで最大限に輝けるので、主にエリオットが装備



×アリエス 最終到達Lv3

HP :C  EP :A
STR:E  DEF:C
ATS:A  ADF:C
SPD:C

【所持アーツ】:アクアブリード
          フロストエッジ
          ハイドロカノン


【アビリティ】:★攻撃アーツでHP回復
          与えたダメージの10%回復


[諸々雑感]

・結論から言うと、育成する必要の無かったマスタークオーツ
・三章という早い段階で、Lv3の状態で手に入る
・入手時点では優秀なステータス補正を誇るが、終わってみるとまるで将来性のないクオーツ
・これを育てるくらいなら、ファルコやフォースを育てた方が後に繋がる




●クオーツ  主:ラウラ 副:エリオット、クロウ


▼HP1/HP2/仙道珠

・HPを大きく補強できる
・迷ったらとりあえずこれを装備


ティアラR

二章のバリアハート地下水道で手に入るレアクオーツ
・HPを+500も強化しながら、回復アーツティアラを習得できる


▼水言鈴

・カノンとのセットで、回復アーツのサイクルを高速化
・エリオット専用装備だったが、カノン運用はクロウでも可







火属性


フォース 最終到達Lv1

HP :C  EP :D
STR:A  DEF:E
ATS:D  ADF:E
SPD:D

【所持アーツ】:ファイアボルト

【アビリティ】:★敵に止めを刺すとCP上昇
          1体ごとにCP+5


[諸々雑感]

・四章帝都実習までにLv2に育てておくと便利だったかもしれないマスタークオーツ
Lv2になればメルティライズを覚える唯一の装備
・しかし、ステータス補正は全体的にかなり低め



×ブレイブ 最終到達Lv2

HP :D  EP :E
STR:S  DEF:D
ATS:E  ADF:D
SPD:E

【所持アーツ】:ファイアボルト
          フォルテ


【アビリティ】:★戦闘開始時に「STRアップ」
          2ターンの間、STR+25%


[諸々雑感]

・高い攻撃力補正とSTRアップ効果に惹かれて採用していたが、ぶっちゃけ弱い
・特に、STR以外の能力補正があまりにもひどい
「ラウラが強いのはブレイブの効果のおかげ」という某所の評価を聞いて採用していたが、この縛りプレイにおいてはダブル~アラウンドキルが邪魔で先手必勝を掛けにくく、扱いづらい
Lv2でフォルテを習得するのは数少ない利点。余裕があればLv2にしておくのは悪くない
育成の優先度はファルコの方が上だったことが判明



バーミリオン 最終到達Lv4

HP :A  EP :D
STR:A  DEF:B
ATS:D  ADF:B
SPD:D

【所持アーツ】:なし

【アビリティ】:★HPが高いほど物理ダメージアップ
          与ダメージ最大1.5倍

         ★敵に止めを刺すとHP回復
          1体ごとにHP+500


[諸々雑感]

・アビリティ効果を利用したSクラ一発屋が主な運用方法
・終盤、役割を失いがちな控えメンバーに仕事を一つ持たせられるのは利点
入手できる時期が遅すぎるのが難点
・アーツを習得出来ないので、個人的には評価は低め




●クオーツ  主:アリサ 副:リィン、ラウラ、エマ、(サラ)


メルティライズRメルティライズ練気

・アーツ、メルティライズを習得できるクオーツ
火スロット持ちはこれをセットしておくのが基本
・メルティライズRは、HP+200の補強もできるので装備するならこちら


▼朱雀刃

・封技、炎傷を同時に引き起こせるクオーツ
・封技なら雑魚を封じることができ、炎傷ならボスに大ダメージを与えられる優れもの
・ほぼリィン専用装備


▼フォルテ

・アタッカーのSTRを強化・維持するのに必要
マスタークオーツでこれを習得できるのはブレイブのみなので、地味に貴重なアーツ


▼火言鈴

メルティライズの硬直短縮で、CPヒール付与のサイクルを高速化
・アリサ専用装備


※業火

・EP+100の補強に、火属性の中~準上級アーツを習得できるのは強み
・とはいえ、メルティライズに役割を奪われ、装備する機会は結局無し







風属性


ファルコ 最終到達Lv1

HP :B  EP :D
STR:A  DEF:D
ATS:E  ADF:D
SPD:B

【所持アーツ】:エアストライク

【アビリティ】:★戦闘開始時に「心眼」
          効果時間、2ターン


[諸々雑感]

育てておくべきだったマスタークオーツその2
・特に三章、ギデオン&ギノシャ=ザナク戦までにはLv2にしておきたい
・Lv2で心眼効果を付与できるシャイニング』を習得する
・心眼状態で戦闘を開始できる為、敵の強力な攻撃を回避しやすい
・ステータス補正は全体的に低めなものの、HP、STR、SPDとアタッカーに欲しい能力は高めでまとまっている
運用する場合は、カウンター発動に注意



ウィング 最終到達Lv2

HP :B  EP :B
STR:C  DEF:C
ATS:B  ADF:B
SPD:B

【所持アーツ】:エアストライク
          ブレス


【アビリティ】:★「全状態異常・能力低下」無効
          発生確率25%


[諸々雑感]

・二章で入手し、四章まで使用していたが、結局レベルアップは無し
・ステータス補正は全体的に平均値で安定感は抜群
回復手段が乏しい二章の段階で『ブレス』を習得できる貴重な装備
・アビリティ効果は発動に期待しにくく、無いものと思って良い
・五章以降はイージスやサイファーに出番を奪われるので、後半はお役御免
・有ると便利なのは確かだが、無理して育てる必要もない。可能な限り、ファルコやフォースの育成を優先で



トール 最終到達Lv4

HP :A  EP :A
STR:A  DEF:E
ATS:A  ADF:E
SPD:A

【所持アーツ】:スパークアロー
          ジャジメントボルト


【アビリティ】:★通常攻撃・クラフトでHP回復
          与えたダメージの20%回復
         ★通常攻撃・クラフトでEP回復
          与えたダメージの1%回復


[諸々雑感]

・シュバリエとの二択で選ばなかった方
・DEFとADFが最低ランクのステータスだが、それ以外が全てAランクと破格の性能
EP回復効果を持つのが便利
 ・だが、1%のみの回復量では少々心もとない
習得するアーツも使いづらいのが難点
・加えて、入手時期が終章なので装備する機会が少ない
・ガイウスのワイルドレイジとは相性が良さげ




●クオーツ  主:フィー、ガイウス、(サラ) 副:ユーシス


▼ブレスR/ホーリーブレスR

時属性スロット以外で、唯一SPDを強化できるクオーツ
・ブレス、ホーリーブレス自体も緊急回復用に使えるので、無駄にはならない
・装備に迷ったらとりあえずこれで


▼回避1/回避2

・回避特化にカスタマイズしたい時に必要
・本縛りプレイでは、フィー専用装備


▼薫風

・風属性の攻撃・回復アーツを習得できる
重要なのはEP+40風スロットで唯一EPを強化できる


▼睡眠の刃/白虎刃

・睡眠状態で敵の動きを封じるorクリティカル攻撃を狙える
白虎刃は暗闇効果も引き起こすので、カウンター発生に注意
ガイウスのゲイルスティングと組み合わせると、対雑魚への性能がさらにアップ


▼雷神珠

最強の妨害クオーツ。何故か風属性スロットに配置されている
・フィーに装備すれば、雷神珠&妨害2&リミットサイクロンで最強の遅延攻撃を実現することができる
 ・が、それが使えるようになるのは終章なので、結局出番はほとんど無い


▼風神珠

・回避率や移動も上昇するが、装備する目的は命中率+50%
・これとアクセサリーのエヴァーグリーンを装備するだけで、命中率+100%にできる
・ただし、入手時期はラストダンジョンの宝箱。活躍できる機会は無いに等しい


※レキュリアR

結局合成することはなかったクオーツ
・風属性スロットで唯一HP+500できるので、耐久面を上げたい場合に便利







時属性


レイヴン 最終到達Lv4

HP :E  EP :E
STR:A  DEF:E
ATS:E  ADF:E
SPD:S

【所持アーツ】:クロノドライブ
          デモンサイズ


【アビリティ】:★戦闘開始時に「SPD」アップ
          4ターンの間、SPD+25%

         ★ピンチ時に「SPDアップ」
          HP20%以下で発動(戦闘中1度)
          4ターンの間、SPD+25%


[諸々雑感]

STRとSPD以外、全て最低ランクの能力値という極端な性能
 ・だが、STRとSPDが高ければアタッカーとしては充分特にSPDの補正値に関しては他の追随を許さないほど
・全マスタークオーツ中、唯一クロノドライブを習得できる
アビリティ効果で戦闘開始直後はSPD+25%、そこへさらにクロノドライブを重ねることで瞬時にSPD+50%化が可能
・とにもかくにも速度の鬼。リィンの孤影斬と相性が良く、二章から終章まで、ほぼ全ての戦闘で彼が装備していた



サイファー 最終到達Lv4

HP :D  EP :C
STR:A  DEF:D
ATS:B  ADF:D
SPD:A

【所持アーツ】:ソウルブラー
          デモンサイズ
          クロノブレイク


【アビリティ】:★通常攻撃・クラフトで「能力低下」
          発生確率60%(効果はランダム)
         ★攻撃アーツで「能力低下」
          発生確率10%(効果はランダム)


[諸々雑感]

・入手できるのは五章。中盤以降からの主力マスタークオーツ
・レイヴンと較べると一段階SPDが落ちる代わり、他のステータスがそれなりに向上している
・特筆すべきは、超低ディレイアーツ、ソウルブラーを習得する点
 ・これにより、時属性スロット持ち以外にもソウルブラーを利用したCPヒール高速回収戦法が可能に
・ATSが高めなのも嬉しい
・アビリティ効果は地味ながら便利



カッツェ 最終到達Lv4

HP :B  EP :B
STR:B  DEF:B
ATS:A  ADF:B
SPD:B

【所持アーツ】:ソウルブラー
          デモンサイズ
          グリムバタフライ


【アビリティ】:★魔法攻撃を吸収
          発生確率75%
         ★戦闘開始時にEP回復
          回復量10%


[諸々雑感]

・こちらも五章、ローエングリン城で入手できる
ソウルブラーを習得できるもう一つのマスタークオーツ
・ステータス補正は、全ての能力値がB以上という高水準
・アタッカーとしての性能を見るならサイファーだが、カッツェの方が安定感はある
・アビリティの魔法吸収は強力ではあるものの、活用できる機会はあまり無い



ムラクモ 最終到達Lv4

HP :C  EP :C
STR:A  DEF:C
ATS:C  ADF:C
SPD:A

【所持アーツ】:なし

【アビリティ】:★通常攻撃・クラフトが「クリティカル」
          発生確率10%
         ★命中率アップ
          命中率+75%


[諸々雑感]

入手時期が終章と遅い上に、そこまで強くはない
・特に、習得アーツ無しなのがマイナス評価
・ただ、命中率+75%効果は魅力的
・能力補正も悪くはない
・運用する場合、装備候補者はフィーが一番適格か




●クオーツ  主:リィン、クロウ 副:フィー、(アンゼリカ)


▼妨害1/妨害2

これが無ければ遅延戦法は始まらない
一つ装備するごとに遅延確率が大幅に上昇
・リィンの時スロットは基本、妨害1&2で埋まる


韋駄天珠

・五章途中で手に入るとは思えない高性能クオーツ
SPD+15と物凄い上昇量を誇る
クロノドライブ、クロノブレイク、クロノバーストを習得する
・遅延構成以外のリィンや、副属性に時スロを持つフィーやアンゼリカが装備すること多し


▼行動力1~3/各種レア時属性アーツクオーツ

・SPD値が上昇するクオーツ
・時スロットの基本装備
全てにおいて韋駄天珠が高性能


▼クロノドライブR

・SPD上昇アーツ、クロノドライブを習得できる
・SPD+3も地味に嬉しい
・クロノドライブ役を引き受ける為、三、四章ではフィーがよく装備していた
・完全上位互換の韋駄天珠を入手したらお役御免濃厚


ソウルブラーRソウルブラー

・序盤、リィンとフィーの主力装備
・レアバージョンだとSPD+3付き
・サイファーやカッツェを入手するまで、ソウルブラーは時スロット持ちの特権技
ケルビムゲイト、カザックドーベン、ピットデーモン、ストーンゴーレム戦などで大活躍







空属性


エンゼル 最終到達Lv4

HP :D  EP :D
STR:D  DEF:D
ATS:A  ADF:C
SPD:C

【所持アーツ】:セラス
          ゴルトスフィア
          フォルトゥナ
          シャイニング
          エクスクルセイド


【アビリティ】:★戦闘不能の直前に「起死回生」
          HP100%回復 CP+100
          戦闘中1度のみ発動

         ★ピンチ時に「HP徐々に回復」
          効果時間、4ターン
          HP20%以下で発動(戦闘中1度)


[諸々雑感]

・一章から手に入るマスタークオーツ
ステータス補正のほとんどが平均値以下なのがネック
・しかしそれを余り補って、アビリティの『起死回生』効果が強力
特に序盤はボスの攻撃を耐え凌ぐのが難しく、エンゼルの起死回生効果に頼らざるを得ない状況が多い
・貴重な蘇生アーツ、セラスを唯一扱えるマスタークオーツ。序盤では貴重
フォルトゥナやシャイニングなどの補助アーツも完備
・三章くらいまでは主力だが、中盤以降は他のマスタークオーツに枠を取られがち
地味にマキアスと相性が良い



メビウス 最終到達Lv4

HP :C  EP :C
STR:B  DEF:B
ATS:C  ADF:C
SPD:C

【所持アーツ】:ゴルトスフィア
          ダークマター
          ブレス
          アセラス


【アビリティ】:★回復アイテムの効果アップ
          HP・EP回復量1.5倍(戦闘中のみ)
         ★アイテムの射程距離アップ
          RNG+4


[諸々雑感]

・三章開始してすぐ、Lv3の状態で手に入るマスタークオーツ
・ステータス補正は、ウィングのBとCの位置を反転させたような能力。低くは無いが良くもない
・ウィングよりも明確に秀でている部分があるとすれば、ダークマター』を習得できる点
 ・属性スロットに縛られず、好きなキャラにダークマターを覚えさせられるのは魅力的
・回復アイテムの効果を上昇させるアビリティを持っているが、活用しにくい
・今回のプレイでは優先して育てていたが、正直なところ、そこまでするほどのマスタークオーツではなかった



シュバリエ 最終到達Lv4

HP :S  EP :B
STR:A  DEF:A
ATS:B  ADF:B
SPD:B

【所持アーツ】:ラ・クレスト
          ラ・フォルテ
          シャイニング
          ウォリアーゲイン


【アビリティ】:★HPが少ないほど物理ダメージアップ
          与ダメージ最大1.5倍

         ★敵を引き付ける
          戦闘中30%の確率で発生


[諸々雑感]

・トールとの二択で選んだ方
・選んだ理由としては、まずステータス補正が全体的に高水準であること
・次いで、習得アーツにラ・フォルテがあること
・あとは、アビリティ効果が両方ともガイウスと相性良さそうだと思ったので
・手に入るのが終章なので、活躍の時期は短いむしろほぼ無い



エンブレム 最終到達Lv4

HP :A  EP :A
STR:B  DEF:A
ATS:B  ADF:A
SPD:A

【所持アーツ】:ゴルトスフィア
          ダークマター
          フォルトゥナ
          シャイニング


【アビリティ】:★HPが少ないほど、ダメージ軽減
          与ダメージ最大30%カット
         ★ドロップアイテム入手率アップ
          入手率+30%


[諸々雑感]

・全てのマスタークオーツの中で、最高峰のステータス補正を誇る逸品
所持アーツも優秀。これ一つで空属性の基本アーツが一通り揃う
・反面、アビリティは扱いづらい。無いに等しい
終章でしか装備できないというのが本当に惜しい
金言鈴をセットしたユーシスに装備すると、格段に動きやすくなる




●クオーツ  主:エリオット、ユーシス、(アンゼリカ) 副:アリサ


▼省EP1/省EP2/天帝珠

・空属性スロットの基本装備
・アーツ系のキャラならとりあえずこれで


セラフィムリングR/熾天使

・どちらもセラフィムリングを習得し、EP+100の補強ができる凄まじいクオーツ
・セラフィムリングRの方はHPも+1000できる。耐久面を強化したい場合はこちら
・熾天使はシャイニングを習得できる。……のだが、これはファルコ、エンゼル、シュバリエ、エンブレムでも覚えられるので優先度は低め
・強力なクオーツだが、セラフィムリングRは六章以降、熾天使は終章でしか手に入らないのが難点


▼ダークマターR

・ノルド高原の宝箱で一つ入手できるのでお手軽
・便利アーツダークマターを習得しつつ、HPも+300分強化できる


▼シャイニングR

・シャイニングを習得するよりも、目当てはステータス強化面
命中率を+50%、回避率を+5%上昇させる
・六章、回避戦法を取るアンゼリカにうってつけの装備


▼麒麟牙

STRを+30上昇させながら、STR・DEFダウンを引き起こす効果を持つ
・空属性スロット持ちでインファイター系はアンゼリカだけなので、実質彼女専用装備


×覇道

・有効活用できるSクラアタッカーはアンゼリカのみ。強いてあげればあとはユーシスが適任か
・アンゼリカは、覇道を活かすよりも気絶戦法の方が安定しそうだと思ったので装備せず
・ユーシスはノーブルオーダーで補助に回るので必要ない
ってなわけで、結局お蔵入り







幻属性


マギウス 最終到達Lv4

HP :B  EP :S
STR:B  DEF:B
ATS:A  ADF:A
SPD:B

【所持アーツ】:ルミナスレイ
          シルバーソーン
          ファントムフォビア
          グリムバタフライ
          エクスクルセイド


【アビリティ】:★HPがすくないほど魔法ダメージアップ
          与ダメージ最大1.5倍
         ★アーツの範囲がアップ
          範囲+1


[諸々雑感]

・幻属性で唯一使えるマスタークオーツ
ステータス補正が非常に優秀
・ただし、アーツ主体で攻めることはないので、魔法ダメージアップのアビリティと、習得アーツが攻撃系しかないのは扱いづらい
入手時期がラスダン前というのも欠点




●クオーツ  主:エマ、ミリアム 副:マキアス


▼EP1/EP2/聖王珠

・EP値を底上げする幻スロット持ちの基本装備
・聖王珠であれば、強化アーツのセイントフォースを習得できるのが有り難い


セイントフォース

・STRを強化できる幻属性アーツ
・フォルテよりも消費EPは重いが、このアーツのおかげで幻スロット持ちもSTR強化に回ることができる
・レアバージョンに交換しても大して良い能力補正を受けられないので、ノーマルのままでも問題ない


▼シルバーソーンR

・二章、公都地下水道の宝箱で入手できる
EP値を+40しつつ中位アーツのシルバーソーンを習得する
カザックドーベン戦で活躍できる


▼銀言鈴

ほぼセイントフォース用
・エマが装備することが多い








 以上、タクティカルボーナス1.0縛りにおけるマスタークオーツ、クオーツに関する属性毎の雑感でした。
 今回は試走、という形でとりあえず見切り発車でプレイしてきましたが、マスタークオーツの育成に関してはやはり無駄が多かったですね
 失敗だったのは、フォースとファルコを一章という早い段階で育成を見限ってしまったこと。メルティライズを習得するフォースは四章で活躍の場があったでしょうし、ファルコに至っては終盤までアタッカー用クオーツとして活躍できた……かもしれません。
 特にファルコの初手心眼効果は、ギデオン&ギノシャ=ザナク戦で大いに役立った筈です。ひょっとすれば、ファルコLv2込みで挑めば遅延戦法に頼らずとも勝利できた……かも? いや、流石にそれは……うん……orz
 もしも、もう一度同じ縛りでやり直す場合、今度はファルコとフォースはきっちり育てます。
 逆に育成する必要が無かったマスタークオーツもありました。ブレイブ・ウィング・アリエス・メビウスの4つです。この内、ウィングやメビウスはまだボス相手に使い道があるのですが、ブレイブとアリエスは動きづらく、効率の悪さを感じました。
 ともあれまあ、反省点としてはこんなところでしょうか。全体的に、時属性が扱いやすかったですやはりSPD特化こそRPGの常道
 そんな感じで、今回はこの辺で切り上げさせてもらいます。次回でプレイ日記終了ですので、良ければお付き合い頂ければ。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。