ゲームとかラノベとか他とか色々

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妄想三分】ラウラ、ガイウスの続投を考える【軌跡シリーズ】



 軌跡シリーズの続編は帝国編ではないか、と囁かれている昨今。
 至宝関連は全く触れられてないですし、聖獣も出番無し。リィンとオズボーンの関係も明らかにはなりましたが明らかになっただけ。2週目イベントのトマスやインタビューでの社長の発言から、次作も帝国編であるのは、まず間違いはないと私も予想しております。
 リィンが主人公か新キャラが主人公かは分かりませんが、どのような形であれリィンの登場は現時点でもほぼ約束されているようなものです。そこに関して私は結構楽観的です。
 ただ。

「では他の7組メンバーに出番はあるのか……?」

 という点についてはちょっと不安要素と言いますか、登場するキャラとしないキャラ、もしくは登場はしてもパーティには入らない等、立ち位置がサブキャラへと降格するorそもそも出番が無い、なんてキャラが居る可能性は充分有り得るように思います。
 それ自体については自分は否定的ではありません。閃1、2で彼らの魅力は存分に描ききったように感じますし、軌跡シリーズが進むために必要なのであれば、寂しいですがそれはそれでアリ、です。勿論、全キャラ続投するのも歓迎ですよ。
 とりあえず、個人的にどう思うか否かはここでは置いておきまして。
 この記事では、リィン以外の7組メンバーが次回作に登場し、かつメインパーティ入りできるかどうか。私の主観ですが、今の時点から予想できる本編内容を材料に、自分の願望コミコミで大雑把に振り分けてみました。ちなみに先に宣言しておきますが、私はマイノリティ的な嗜好というか傾向があるので、予想は大きく外れます(断言) 当たった試しがありません。




☆ 登場し、メインパーティにも入りそう

■ミリアム
・オズボーン関係を描くにあたって、アイアンブリードの存在は外せない。
・リィンとは距離も近く、ミリアム自体もコミュニケーション能力が高いので新キャラ相手でも打ち解けやすい。
・結社にも関係する『黒の工房』に大きく関わるキャラクターでもある。
・ボクっ娘である。




◎ 登場してくれそう。パーティ入りするかどうかの境界線

■フィー
西風の団長関連の謎がまだ片付いていない。
・ただし、サラやトヴァルと共に行動しているらしく、フィーが登場するなら二人も一緒の可能性が高い。(声優の人件費が)
・でもフィーは勿論、サラやトヴァルも人気キャラだし、登場させてくれるだろファルコム!
・ちょっと気になるのが、西風関係の回想で確認できる女性の存在。セプトアーカイブでもちょろりと触れられているあたり、団長云々の謎はひょっとしたら彼女に引き継がれる可能性も考えられ、その場合フィーの仕事が奪われそうでもある。


■エマ
魔女っ娘であり、灰の騎神の導き手。
・魔女関連(里の存在やおばあちゃんとか気になります)等、登場しようと思えば登場できる。
リィンにいつでもどこでも連絡取れる手段を持つ唯一の存在。
・しかし、続編で新たな魔女っ娘が登場したら一気に出番のピンチ。その場合は登場しても裏方での援護に徹することになりそう……?
・ヴィータ関連は、閃2で一区切りついてるようにも見えたがさてどうなるか。




○ 登場フラグは残されている。さて……?

■ラウラ
■ガイウス

・理由は後ほど。




△ 登場しそうだが、パーティ入りとなると良くてスポット参戦っぽい

■アリサ
・帝国と言えばラインフォルト社。登場自体は確率が高そうである。
・ただ、彼女の仕事柄、パーティ入りするような切った張ったの現場に赴く機会は少なそう。


■ユーシス
バリアハートから離れられません!(血涙
・四大名門でも重要なポジションに居るのは間違いないが、アリサ同様、主人公陣営へのパーティ入りは難しいのでは……。
・ただ気になるのは、『半年は忙しそう』というフラグ。ラウラの奥義伝承でも半年という期間は挙げられており、続編ストーリーの開始時期がこれに準じるのであればユーシスの登場、そしてパーティ入りは非常に固いと見て良いかも。




× 最悪登場しない未来を覚悟しなければならないかも

■エリオット
・帝都の音楽院通いでは、ストーリーにどう絡めば……。


■マキアス
・エリオットと同じ理由で。




 とまあ、7組メンバーの超大雑把な登場予想でした。
 エリオットとマキアスだけは、現時点では登場できそうなフラグが特にないというのが痛いところですが、他は概ね続投できそうな雰囲気はあります。
 さて、ここからは理由を後回しにした2名、ラウラとガイウスの登場フラグについて、主に3点を語らせて頂きます。
 何故この二人を一緒にしているのかと言いますと、3点とも理由が似通っているからです。
 というわけでまず1点。


オーレリア将軍・ウォレス准将の閃2での先行登場

 ファルコムは、基本的に無意味にキャラを参戦させません。
 閃2にて、名前有り、専用のイベントも有り、グラフィックも細かく作り込まれて登場した彼らですが、しかし今作では特に大きな活躍も無く、リィン達と対峙することもありませんでした。
 じゃあ何故登場したのかと言えば、十中八九、彼らの活躍の場は続く帝国編に用意されているから、でしょう。その為に今作で先行登場し、顔見せだけは済ませておいたと見るのが順当なのではないかと。少なくとも個人的にはそう思っております。
 オーレリア将軍はヴァンダール流とアルゼイド流の二つを修めた武の達人。ウォレス准将は帝国生まれの貴族ではありますが、ノルドの血を引く戦士です。それぞれ、ラマール領邦軍とサザーラント領邦軍の司令にあたり、渾名持ち。肩書きもかなりのもので、リィン曰く「武の世界では知らない人間がいない程」
 7組においては、ラウラとガイウスがそれぞれ因縁というか、関連のあるキャラクターですね。

 つまり、オーレリアとウォレスの二人が続編で登場するなら、ラウラとガイウスにもひょっとしたらチャンスがある……!?

 残念ながら、直接の会話はラウラが少し交わした程度で、ガイウスとウォレスはそもそも面識がありません。登場フラグと見るには弱いですね……orz(ガイウスはノルドにて、ウォレス准将は父より凄腕と聞くから自分も頑張る、と意気込みは見せてましたが)
 しかしもちろん、ラウラとガイウスの登場フラグはこれだけではありません。



結社と七耀教会、二大勢力との関わり

 幻焔計画では、まだ結社と七耀教会の直接の衝突がありません。至宝について触れるならば、間違いなくこの二大勢力は大きく関わって来ることでしょう。
 ここで少し整理しておきたいのが、幻焔計画の為に帝国へ派遣されたor関わっている結社、教会それぞれの人員の内訳です。現時点で判明している分だけまとめますと、

結社:ヴィータ、アリアンロード、カンパネルラ、マクバーン、ブルブラン、デュバリィ

教会:トマス、ロジーヌ、バルクホルン

 こんなところでしょうか。抜けがあるとは思いますがご容赦を。
 ドラマCDを聞く限り、教会側は総長のアインさんも水面下で動いているような気はします。トヴァルとの関連も有りますし、本格参戦を期待できるかもしれません。
 さてさて、ひとまずここで注目していきたいのは、結社のアリアンロード様と教会のバルクホルンさんです
 この二人もまた、それぞれラウラとガイウスに関連があります。槍の聖女との関係を仄めかされているアリアンロードとはラウラが、巡回神父としてノルドに訪れていたバルクホルンとは既に面識のあるガイウス。

 つまり、ラウラとガイウスの二人が続投するだけで、一気に結社と教会二つの組織との繋がりが出来るわけです……!

 結社だけならエマも該当しますが、彼女は閃2で答えを一つ出したので、不完全燃焼なのはどちらかと言えばラウラの方です。アリアンロードには何やら幻焔計画に対して思惑もあるようですし、是非とも彼女らの邂逅を見届けたいものです。
 バルクホルンさん、あの手紙だけでガイウスとのイベントは終わり、なんて言わないですよね? そうですよね!?



ブリオニア島とノルド高原

 この二つの地は、それぞれ巨像があります。本編で確認できるのはノルドの方だけですが、ブリオニア島にも似たようなものがあるのでしょう。閃1の3章にて、特別実習に選ばれた地でもありますね。
 ノルドが故郷のガイウスは言わずもがなですが、ラウラはその3章の実習でブリオニア島の方へ向かっています

 つまりですよ? ラウラとガイウスの二人がいれば、二つの巨像の謎にも迫りやすいのでは!?(強引解釈

 閃2でラウラはノルドを回ってるんだから、もうガイウス要らないよね、なんて絶対に思ったら駄目です。ガイウスの活躍をもっと!
 ただ、巨像を調べる為にノルドへ寄るイベントがあるなら、間違いなくガイウスは登場するでしょうし、最後まで私は希望を捨てません。





 以上、ラウラとガイウス両名の(希望的観測レベルですが)続投フラグ3点でした。
 この二人は本編の深いところまで関われそうな因縁・関連があるだけに、このままフェードアウトさせるには実に勿体ないキャラだと思います。実力も中堅の正遊撃士クラスほどはあるでしょうし、執行者等の強敵と対峙させても決して力不足とは思えません。
 オーレリアとウォレス、アリアンロードとバルクホルン、ブリオニア島とノルド高原。これらが続編でのキーポイントになるのなら、ラウラとガイウスにもチャンスはある筈……!

 ぶっちゃけますが、元7組メンバーの内、続投するキャラとしないキャラの差が出た場合、ファンからの反発を買いそうな気がします。誰か一人がパーティ入りするなら他の全員も加入するかもですし、しない場合は全員ばっさり切り捨てて、メインパーティは一新するかもしれません。
 つまるところ、続報を待て、ですね。公式からの供給があるまで、このように妄想で耐え忍びましょう。
 ではでは、妄想だらけの散文でしたが、これにて失礼します。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © お花見団子の逆襲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。